(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:03:46
きょう14日、蛸地蔵から泉佐野まで紀州街道を歩いてきました。
蛸地蔵の駅から歩き始めてすぐのところで、水間観音の近くで見つけていた鍾馗さん(#603)と同じ鍾馗さんを見つけました。

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:04:53
kiteさんが以前見つけておられる#506と#507は健在でしたが、#507の反対側(東側)にこんなのがいました。

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:06:04
本日のハイライト(1)

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:07:10
本日のハイライト(2)

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:18:16
onigawaraさんお薦めの甘納豆屋さんに寄って鍾馗さんの撮影許可をいただいたところ、「きのうも同じような方が来られました」……。

3枚目、4枚目は紀州街道沿いにいましたが、甘納豆屋さんのすぐ近くです。一昨日、ストリートビューで確認していました。

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • まさみ
  • 2019/03/14 (Thu) 22:27:15
待ってました!

いよいよおとんさんの登場ですね。

「本日のハイライト」いいですね。
泉州には他とは違った独特の固有種みたいなのがあるようです。
僕も早くカメラを買って、是非行って見たいと思います。

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • onigawara
  • 2019/03/15 (Fri) 10:07:26
>おとんさん
歩いてこられたんですね。
甘納豆屋さんに立ち寄った時に「鍾馗さんを見に来る人が来るかも・・・」とちょっと予告してしまいました

ハイライト(1):個性的ですね。捕まえられてる子鬼がちょっと小鍾馗的な形。

ハイライト(2):下唇を噛んだ口が牙の無い不動明王のようですね。

私もこの周辺の街道沿いだけちょっと撮りました。車から降りずにパパッと

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • かめりん
  • 2019/03/15 (Fri) 21:02:41
おとんさん、こんにちは!

早速、鍾活されてきたのですね。
有言実行!で、さすがおとんさんですね〜〜

507の反対側の鍾馗さんには、会ったことがあるのですが、
ハイライト1と2は初見です。
一方は小鬼を抱き、一方は小鬼を踏んずけている。
久々に、小鬼付きの鍾馗さんを見て、微笑ましくなりました。

まさみさんの仰る通り、泉州鍾馗は独特ですよね。
言葉・文化も私の住む摂津・河内とは異なるし、
紀州の文化圏、onigawaraさんに近いように思います。

それにしても。
そのお店の甘納豆、是が非でも食べへんと!


Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • kite
  • 2019/03/15 (Fri) 23:03:02
おとんさん!!
待つてました。
やつぱりおとんさんが登場されると
盛り上がりが違います。

そろそろ春ツアーの話題を始めたいですね
まさみさんも新カメラの調達とリハビリをお急ぎを!!

二兎を追って

  • kite
  • 2019/03/11 (Mon) 00:02:07
二週連続で泉州方面へ行ってきました。
今回は泉大津から堺にかけてです。

毎回、大豊作と言うわけにはいかず、今回のトピックは二体でした。

その1
高石市高師浜

たぶん、おとんさんが記録済の鍾馗さんです。


Re: 二兎を追って

  • kite
  • 2019/03/11 (Mon) 00:03:03
その2
堺市堺区神石市之町

Re: 二兎を追って

  • kite
  • 2019/03/11 (Mon) 00:06:51
新しく見つかる一方で、いなくなった鍾馗さんもたくさん…

その1 泉大津市東港町
家はそのまま健在なのですが、鍾馗さんだけ影も形もなくなっていました。

ストリートビューでは2015/11現在、確認できるのですが。
https://goo.gl/maps/dnEAceDkvaM2

Re: 二兎を追って

  • kite
  • 2019/03/11 (Mon) 00:09:10
その2 泉大津市菅原町

コンビニになっていました。

2017/11のストリートビューでは健在。
https://goo.gl/maps/E9MhVRFTV9A2

Re: 二兎を追って

  • kite
  • 2019/03/11 (Mon) 00:11:39
その3 堺市西区津久野町

アパートに建て替わっていました。
2017/8にはまだ健在でした。
https://goo.gl/maps/ajUnh6mutzs

Re: 二兎を追って

  • kite
  • 2019/03/11 (Mon) 00:14:53
堺市堺区浜寺石津町

2010/3時点では健在ですが
https://goo.gl/maps/SJFPqQJ1vrE2

2014/6には取り壊されて更地になっています。
現在に至るまでそのまま。
https://goo.gl/maps/qwomXsjQudE2


なんか焦ります。

Re: 二兎を追って

  • おとん
  • 2019/03/11 (Mon) 15:33:40
みなさん、お久しぶりです。

鍾馗さんの消失は残念としか言い様がなく、
われわれにはどうすることもできないもどかしさがありますね。
(高師浜の鍾馗さんは2014年5月に見つけています)

下のスレッド(泉佐野)にあるonigawaraさんの
>店から街道を少し南に行った所に2体鍾馗さんを掲げてる家が
という情報をストリートビューで確認したので、
岸和田から泉佐野までの紀州街道を歩いてこようと思っています。


まさみさんへ
onigawaraさんの地元は海南市ですので……。

Re: 二兎を追って

  • まさみ
  • 2019/03/11 (Mon) 23:16:28
Kiteさん、今回も収穫がありましたね。

高師浜の鍾馗さん、おとんさんも以前に撮られているそうですが、面白いですね。

泉大津市東港町の鍾馗さん、僕の本にも載せたのですがなくなっているとはショックです。
古い家はそのままなのに、何故鍾馗さんがなくなったのか不思議ですね。

onigawaraさんは海南市でしたか、京都から見ると何となくあのあたり、という感じです。
おとんさんもやっと参戦されるとのこと、本当にうれしいです。

Re: 二兎を追って

  • kite
  • 2019/03/12 (Tue) 00:55:45
おとんさん おひさしぶりです!

鍾春と共に復帰近しでしょうか?

この辺りを二週連続で歩いてみて、昨年の台風21号の爪痕がひどく、屋根にブルーシートをかけたお宅がまだずいぶんたくさんあります。
瓦葺き職人さんの人手が足らず、手が回っていないのだと思います。
東港町の鍾馗さんのお宅は一見したところ被害はなさそうでしたが、何か飛んできて鍾馗さんを直撃したのかも・・・

Re: 二兎を追って

  • onigawara
  • 2019/03/12 (Tue) 06:33:29
今堺で改修工事してるのですが、その近くも探索されたのですね!
時間があれば廻ってみたいです。

泉佐野の紀州街道沿い、あらためてストリートビューを見てみると他にも何体も写ってますね~。
あの甘納豆屋さんにもいるではないですか!?
なんで気が付かんかったんやろ

まさみさん、
泉州は根来の支配下だったこともあるし、古い泉州弁は和歌山弁とよく似てたりします。
京都人にとっては天王寺から先は串本まで同じ地域という感覚だと聞いたことがあります

Re: 二兎を追って

  • かめりん
  • 2019/03/12 (Tue) 22:00:08
おとんさん、こんにちは!

お久しぶりです。
鍾活に復活・・・のご様子も伺え、お元気そうで何よりです。

そして。
消え行く鍾馗さんに、ただもどかしくやるせなく・・・

その理由が都市化のみならず、台風・地震なども加わり、
辛いですね〜〜
でも、だからこそ
消えて行く前に、一目でも彼らに会っておかなくては・・・
と気持ちを奮い立たせて、近日中に鍾馗してきま〜〜す(予定・笑)





こたつ蟲、蠢く

  • kite
  • 2019/03/05 (Tue) 23:31:34
絶対書けない漢字も簡単に出てきてドーダできます(^^)

暖かい日が続きますね。
こたつに籠っていた弱虫もようやく活動開始です。

お寺を結んだ直線ルート方式では行き先が枯渇気味なので、
京都方式(しらみつぶしに古民家のありそうな街路を全部歩く!)をしばらく各地で試してみます。

今回選んだのは泉佐野市。
最近、ふるさと納税で全国区になりましたが、泉佐野駅の北側にはかなりの規模で古い市街地が残されています。

お寺鍾馗探索に比べて効率は悪いですが、思っていたよりは素敵な鍾馗さんに出会うことができました。

1.泉佐野市本町
うまく撮れませんでしたが、サウスポーのように思えます。

Re: こたつ蟲、蠢く

  • kite
  • 2019/03/05 (Tue) 23:34:55
2.泉佐野市西本町
どこかで見たことのある鍾馗さんですが、類例を特定できず。
下向いているので、民家の玄関の格子戸に中腰になって、カメラを押し付けるようにして撮りました。

通行人にその姿を見られて冷や汗でした。

Re: こたつ蟲、蠢く

  • kite
  • 2019/03/05 (Tue) 23:37:17
3.同じく泉佐野市西本町
どてらを着てるみたいです。

Re: こたつ蟲、蠢く

  • kite
  • 2019/03/05 (Tue) 23:41:30
4.田尻町吉見

隣町の田尻に足を延ばしました。
こちらの鍾馗さんは13年ぶりの再訪。

昨年、大阪市平野区長吉川辺で見つけた鍾馗さん(右)と並べてみるとやはり兄弟のようです。

Re: こたつ蟲、蠢く

  • かめりん
  • 2019/03/06 (Wed) 09:30:40
kiteさん、こんにちは!

ついに鍾活蟲がこたつ蟲に勝って、蠢きましたね〜〜

泉佐野は空港近くなのに、まだこんなに鍾馗さんがあるのですね。
しかも、サウスポーの者も。

長吉川辺の者は見たのですが、田尻町にも兄弟がいたとは。
これは、やはり会いに行かねばなるまい!と蟲がムズムズ。

でも・・・鍾活は紙一重の部分がありますよね。
だからいつもハラハラ・ドキドキで冷や汗もあり、またそれが面白くもあり〜〜

ともかく、鍾活蟲に取り憑かれ私たちは、
鍾活するしかその蟲を鎮める方法は無いようですね(笑)




Re: こたつ蟲、蠢く

  • まさみ
  • 2019/03/07 (Thu) 21:42:07
Kiteさん、こんばんは。

新方式の探索で大変そうですが、結構見つかってますね。
ほとんど見たことがありませんが、これらの鍾馗さんはどんなところにあったのでしょうか?

6万円だったキャノンのカメラが、5万円に値下がりしました。
手の方は5日に抜糸したのでカメラの操作はできますが、もう少しねばってみます。

Re: こたつ蟲、蠢く

  • kite
  • 2019/03/07 (Thu) 23:49:14
かめりんさん、まさみさんこんばんは。

4の吉見の鍾馗さんだけは浄林寺前の典型的なお寺鍾馗さんですが、
他は『何故そこにいる?』といった場所で見つかりました。

http://ktgis.net/kjmapw/index.html

古い地形図と現在の地形図を並べてくれる便利なホームページがあるので、これを見ながらまだじっくり歩いていない古い町並みをあたっていこうと思っています。

今週も泉大津や岸和田あたりに出没しようかと計画を練り始めました。

Re: こたつ蟲、蠢く

  • onigawara
  • 2019/03/09 (Sat) 09:10:57
古今地図を見比べられるサイト、面白いですね。
鍾馗探索以外にも楽しめそうです。

画像は泉佐野の紀州街道に面した甘納豆屋さんから少し海側に行った所で見かけた鍾馗さん。
ストリートビューを見てみると、その店から街道を少し南に行った所に2体鍾馗さんを掲げてる家がありますね。

ちなみにそこの甘納豆は食感が柔らかくて美味しいです。
残念ながら土日と水曜はお休みですけど

Re: こたつ蟲、蠢く

  • まさみ
  • 2019/03/10 (Sun) 22:00:59
泉佐野の鍾馗さんが続きますね。
(onigawaraさんは地元ですが・・・)

探し方を変えればまだまだ見つかることがわかりました。
カメラを購入して早く参戦しなくては・・・。

Re: こたつ蟲、蠢く

  • かめりん
  • 2019/03/10 (Sun) 22:26:54
onigawaraさん、こんにちは!

甘納豆屋さん近くの鍾馗さん、私にはウルトラマンのように見えます。

その甘納豆、食べた〜〜い!!!

やはり、泉佐野へ行くべし。と鍾馗蟲のお告げでしょうか(笑)

「文人鍾馗」

  • まさみ
  • 2019/02/22 (Fri) 22:20:39
剣のかわりに筆を持ったちょっと変わった鍾馗さんです。

明代に流行った「文人鍾馗」というもので、いろいろなパターンがあり、琴を持っている鍾馗さんもいます。

これは明代のものではなく、娘が中国のネットで買ってくれた現代のものですが、明代の絵を踏襲したものと思われます。

Re: 「文人鍾馗」

  • かめりん
  • 2019/02/23 (Sat) 21:09:44
まさみさん、こんにちは!

文人鍾馗さん・・・私は笛を吹いているものや、火を吹いているものをネットで見ました。
魔除けのみならず、花神までになっている鍾馗さん・・・
でも。
大阪・梅田駅前には、算盤を持った商人鍾馗さんも居てはりました。
変幻自在なのは、日中両国とも鍾馗さんが庶民の願望なのでしょうか〜〜

最近は鍾活が滞りがち><+
そろそろ啓蟄なので、私も蠢き出さないと〜〜

Re: 「文人鍾馗」

  • kite
  • 2019/02/25 (Mon) 23:16:00
まさみさん こんばんは。

中国では鍾馗さんが暮らしに根付いて脈々と信仰されているのですね。
でも最近は中国の社会もどんどん変化してきているようで、あと数十年もするとこうした文化も一気に忘れられてしまいそうで心細いです。

私もかめりんさんと同じく、こたつにもぐりこむ日々が続いていますが、そろそろ虫と一緒にごそごそ動き出そうかな・・

Re: 「文人鍾馗」

  • まさみ
  • 2019/02/27 (Wed) 17:28:56
かめりんさん、Kiteさん、今日は。

2月25日から3日間、昨年4月に骨折したときに入れたチタンのプレートを取り出す手術で入院しており、今日無事に退院いたしました。

右手はまたまた分厚い包帯が巻かれているので、カメラの操作は当分だめなようです。
キャノンの65倍のカメラを買うつもりでしたが、残念です。

出てきたプレートは記念にいただいてきました。
ペンダントにでもできるかな?

Re: 「文人鍾馗」

  • かめりん
  • 2019/02/27 (Wed) 18:47:13
まさみさん、こんにちは!

再手術、ご苦労様でした。
結果は順調なようで、何よりです。

チタンプレートをペンダントに出来たら素敵ですね。
それも鍾馗さんの!

手は、今しばらくご不自由でしょうが、お大事に。
そして。
完全に治られたら、回復記念鍾馗ツアーを楽しみにしています。

杭州 龍泉窯

  • まさみ
  • 2019/01/09 (Wed) 15:51:02
お正月を初めて中国で過ごして、南宋青磁の龍泉市に行ってきました。
龍泉市は杭州から新幹線で1時間半、麗水という駅で降りて息子が運転するレンタカーで2時間ほどかかります。
龍泉市には大きな青磁博物館があり、著名な陶芸家もたくさん住んでいます。
紹介されて訪問した陶芸家さんの家は、僕が博物館と間違えたほど広大なもので、近平さんとのツーショットの大きな写真がありました。
写真は龍泉市からさらに車で40分ほど走った上垟鎮という村の窯元です。
ここまで来るとさすがに時間が止まっていて、昔とあまり変わらない生活がありました。

Re: 杭州 龍泉窯

  • kite
  • 2019/01/10 (Thu) 00:10:16
まさみさん、あけましておめでとうございます。
中国のお正月は経験ありませんが、日本とは違って特に改まった感じではないのでしょうね。

写真の風景は確かに現代中国らしからぬ落ち着きで、ここなら行ってみたいと思えます(案内なしではとても行けそうにないですが)

屋根にいろいろ並んでいますが、青磁ではなくお人形さんについつい目がいってしまいます。
中央あたりの赤みがかったお人形さんは誰なんでしょう?

Re: 杭州 龍泉窯

  • まさみ
  • 2019/01/11 (Fri) 23:12:46
Kiteさん、おめでとうございます。

杭州市のある浙江省の面積は日本全土の4分の一以上あります。

その中で杭州市は北、龍泉市は南でもう福建省に近いので、その距離は相当なものです。

この写真の上垟鎮は龍泉市からさらに南に40分なので、ど田舎です。

この人形は拡大してみるとどうも仙人みたいですね。
八仙の人形はありましたが、鍾馗さんは残念ながらありませんでした。

Re: 杭州 龍泉窯

  • かめりん
  • 2019/01/12 (Sat) 22:45:40
まさみさん 新年おめでとうございます

お正月は杭州でしたか。
杭州良いですよね。私は特に料理が大好き。
薄味で淡白で、更に点心は美味しいし〜〜

龍泉市は、まだ訪れたことがありません。
でも、屋根上の青磁と人形も面白く・・・
福建に近いので、風獅爺があるかもしれませんね〜
→→ お気に入りの青磁はありましたか?

それにしても、中国の古鎮は良いものですね。

鍾活おさめ

  • かめりん
  • 2018/12/24 (Mon) 10:07:22
みなさま、こんにちは!

いよいよ来週には新年を迎え・・・一年が経つのは本当に早いですね。

写真は今年の鍾活おさめで、大和高田市土庫・藤森です。

今年も鍾活では、皆様にお世話になり、ありがとうございました。
来年も今年以上に、皆様と共に楽しく鍾活ができますように。

皆様のご健康とご多幸をお祈りしつつ、
佳き新年をお過ごしください。

Re: 鍾活おさめ

  • かめりん
  • 2018/12/24 (Mon) 10:10:23
土庫にて。

Re: 鍾活おさめ

  • かめりん
  • 2018/12/24 (Mon) 10:19:00
土庫も藤森も、見事な環濠集落が残されていますが、
でも、伝統住宅は建て替えられ、つまり鍾馗さんは運命は儚く・・・

今在る鍾馗さんと、少しでも巡り会えるように、
亀のような歩みでも鍾活続けるぞ、と思いを新たにしました。

Re: 鍾活おさめ

  • まさみ
  • 2018/12/24 (Mon) 22:20:56
かめりんさん、こんばんは。

今年一年、かめりんさんの鍾馗、料理、古鎮、蘊蓄で大いに楽しませていただきました。

最後にまた懐かしい鍾馗で締めくくられて嬉しいです。

最初の鍾馗さんは、僕はお寺の中に入れてもらって撮りましたが、これはどうでしたか?

二つ目はあのあたりに何体かある「百鶴」さんのもので、左胸に印がありますね。

来年もますます鍾活に励まれて、面白い写真やお話を期待しております。

良いお年をお迎えください。

Re: 鍾活おさめ

  • かめりん
  • 2018/12/25 (Tue) 08:58:48
まさみさん、こんにちは!

最初の鍾馗さん、お寺に入って撮ったものです。
鍾馗さん探しは、
やはりお寺内から見回さないとダメだなあ〜と再認識しました。
しかし、
始めの頃は遠慮しながら、今では当然の如くで・・・図々しくなりました・笑

次の鍾馗さん、<百鶴>という銘柄なんですね。
それにしても。
まさみさんにはこの地は鍾活済みなのですね。さすが!
新年も、まさみさんやkiteさんの追っかけ、やるぞ(ボチボチと・笑)

では、良いお年を!

Re: 鍾活おさめ

  • kite
  • 2018/12/25 (Tue) 23:24:03
かめりんさん、皆さまこんばんは。

今年も残すところあとわずかですね。
年甲斐もなく年の瀬に仕事が忙しくなり、12月は鍾活が全然できませんでした(涙)

年が明ければ少し落ち着くと思ってますので
もう少しの辛抱です。

それまではかめりんさんの成果を楽しみにします。

来年もよろしくお願いいたします。

Re: 鍾活おさめ

  • 雪だるま
  • 2018/12/26 (Wed) 13:40:52

かめりんさん、皆さま こんにちは。

今年も活発な鍾活の成果として沢山の珍しい鍾馗さんを
見せていただき、また一緒に鍾活させていただき本当に
ありがとうございました。

また来年も引き続きよろしくお願い致します。

Re: 鍾活おさめ

  • かめりん
  • 2018/12/26 (Wed) 17:15:51
kiteさん、雪だるまさん こんにちは!

皆様との鍾活はとても楽しく、
また、本当にお世話になりました。

新年は、より楽しい鍾活及び鍾活ツアーが出来ますように願いつつ、
皆様には、佳き新年をお迎えください。 

漫画コンペのテーマに鍾馗さん

  • りんりん
  • 2018/12/12 (Wed) 21:59:45
こんにちは。先日、ひょんなことから知り合った学生さんが「鍾馗さんの漫画を描いている」というので話を聞いてみると、どうやら京都を舞台にした漫画のコンペがあるらしく、そのテーマの一つに鍾馗さんという枠があったようです。

https://www.koubo.co.jp/contest/art/comic/047395.html

知人の漫画家さんも近々鍾馗さんの漫画を出すとかいう話も聞きます。まさか漫画になるとは・・・と戸惑いながらも、どんなものが出来上がってくるか楽しみですね。
以上、お知らせでした。

Re: 漫画コンペのテーマに鍾馗さん

  • 雪だるま
  • 2018/12/12 (Wed) 22:58:50

りんりんさん、こんばんは。

知人の漫画家さんは、多分 鍾馗祭りに来られていた方ですね?
その方とは、まさみさんと一緒にお話ししました。
他にも鍾馗さんの漫画を描かれる学生さんがおられるのですね。
鍾馗漫画のブーム到来か!
本当に漫画の鍾馗さん、仕上がりが楽しみですね〜

Re: 漫画コンペのテーマに鍾馗さん

  • まさみ
  • 2018/12/12 (Wed) 23:21:19
りんりんさん、こんばんは。

面白いお知らせ有難うございます。

あの鍾馗祭りの日に「私は瓦鍾馗」の本を進呈した栗田安朗さんという方から、メールで「スサノオ君」というマンガを三篇送っていただきました。

見事な出来栄えで、テーマもまさにコンクールの課題ぴったりでした。
あれから鍾馗さんの話も描かれたのなら、きっと面白いものになっていると思います。

僕の本も何かの力になっていれば、嬉しいですね。

Re: 漫画コンペのテーマに鍾馗さん

  • kite
  • 2018/12/12 (Wed) 23:23:29
りんりんさん こんばんは。

これはびっくり!
リンク先見てみましたが、舞妓さんや鴨川と並んで鍾馗さんをお題にしていただけるなんて、光栄です。
(鍾馗さんに代わって)

私も楽しみにしています。どんな漫画になるのでしょう。

Re: 漫画コンペのテーマに鍾馗さん

  • かめりん
  • 2018/12/13 (Thu) 16:30:24
りんりんさん、こんにちは!

鍾馗さん、とうとう漫画のテーマにまでなることができたのですね。
苦節?十年、耐え忍んだ甲斐がありました
   → 誰が・・・→ 鍾馗さんが・・・笑

ともかく
鍾馗漫画を読む日が、とても楽しみです。

再訪地ばかりでしたが

  • kite
  • 2018/12/06 (Thu) 23:37:42
土曜日に奈良県の大和八木から当麻寺までを歩いてきました。
何度か訪れたことのある集落ばかりでしたが、意外に見落としていた鍾馗さんもあって、楽しんできました。
主だった収穫を掲載します。

1.橿原市四条町
エアコン室外機の陰で道からは見えませんが、門の開いていたお寺の境内に入ったら発見。

Re: 再訪地ばかりでしたが

  • kite
  • 2018/12/06 (Thu) 23:40:09
2.橿原市鳥屋町
鳥屋町の高松寺は3回目の訪問です。
境内からなら正面から撮れる鍾馗さんがいるのですが、
今回も閉門中で3度目の正直はならず。

でも塀の外から新たな一体を発見
(この鍾馗さんはまさみさんは既にご存知かも)

Re: 再訪地ばかりでしたが

  • kite
  • 2018/12/06 (Thu) 23:41:57
3.橿原市古川町
こちらは前から知っていた鍾馗さんですが・・

Re: 再訪地ばかりでしたが

  • kite
  • 2018/12/06 (Thu) 23:43:17
その前の納屋(長屋門)の屋根にもう一体いるのを発見!
(これもまさみさんご存知かも)

Re: 再訪地ばかりでしたが

  • kite
  • 2018/12/06 (Thu) 23:46:20
5.葛城市竹内

竹内街道の裏手で新発見。


久しぶりにブログ『鍾馗を訪ねて三千里』をアップしました。
今回再確認した鍾馗さんの写真をたっぷり載せておきましたので、お暇なときにご覧ください。

http://kite5656.asablo.jp/blog/

Re: 再訪地ばかりでしたが

  • かめりん
  • 2018/12/08 (Sat) 09:22:34
祝:三千里達成!!

kiteさん、こんにちは!
三千里=12000キロ、大変な数字ですね。
もちろん、その数字に込められた鍾馗さんと、それにまつわる膨大な物語があって・・・
今後は目指せ一万里!ですね。

そして今回の成果もすごい。
私、行った所ばかりなのに、やはり見落としてる。
奈良はやはり奥深いですねえ。
でも追っかけがいがあって、俄然ファイトが湧いてきました。

Re: 再訪地ばかりでしたが

  • まさみ
  • 2018/12/08 (Sat) 11:53:38
Kiteさん、おはようございます。

ここにあがっている鍾馗さんは、まったく知りません。
念のために僕の写真も見たのですが、ありませんでした。

橿原市の鳥屋町は行っていますが、撮ったのは別の鍾馗さんでこの鍾馗さんは撮っておりません。

竹内街道のも見逃しています。

僕も追っかけをしなくては・・・。

Re: 再訪地ばかりでしたが

  • まさみ
  • 2018/12/09 (Sun) 22:25:42
Kiteさん、こんばんは。

「鍾馗を訪ねて三千里」の確認版を見せていただきました。
相変わらずハンパない距離を歩いておられますね!

懐かしい鍾馗さんばかりで、僕も当時を思い出しました。

笛堂のあっと驚いて口を開けている面白い鍾馗さんが無くなっていたのは残念でした。

確かお寺の門を入って左側にあったような記憶がありますが、どうだったでしょうか?

Re: 再訪地ばかりでしたが

  • kite
  • 2018/12/09 (Sun) 23:36:42
そうです。境内の南東角に門があって、入って左側になります。
12年前のことで記憶は定かでないですが、結構荒れていた境内もこぎれいになって、鍾馗さんの上がっているお宅も瓦の葺き替えだけでなくかなり改修されているみたいです。

写真の真ん中にある、一階が張り出した部分は以前はなくて、ここに、かの鍾馗さんはおられたと思います。

Re: 再訪地ばかりでしたが

  • kite
  • 2018/12/09 (Sun) 23:39:51
口を開けている鍾馗さんの、
12年前の写真を載せておきますね。

鍾馗さんの前で邪魔をしている屋根も今は見当たりません。

素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • 雪だるま
  • 2018/11/26 (Mon) 18:29:41

訪れたイベントで時間を持て余していたら会場の掲示に鍾馗さんが載っている展示会のポスターを見つけました。

ポスターには三体の鍾馗さんの写真が載っていたのですが その内の一体が、この写真の素晴らしい鍾馗さんでした。

展示会場は近い所にあったので引き寄せられるように直ぐに逢いに行きました。
その鍾馗さんは背丈が40cmほどありどっしりとした素晴らしい姿でした。その日は、もう閉館間際だったので細かいところまでは確認できませんでした。

ポスターの写真を、まさみさんに送って見てもらったところ既視感があるとのことで、何と!記憶の隅にあった19年も前のことを思い出し教えて頂きました。
この鍾馗さんが、平成11年9月に奈良県立民族博物館の特別展示会でまさみさんが入手したパンフレットに鬼師で製瓦所「瓦宇」の当時の社長「小林章男」氏の所蔵品として載っていました。

その情報を持って展示会館に何度か訪れ、銘などが刻まれていないか確認したいとお願いしたところ、昨日まさみさんと一緒に見せて頂くことができました。


Re: 素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • 雪だるま
  • 2018/11/26 (Mon) 18:32:05

そして、この鍾馗さんのルーツを発見!
台座の瓦には前述の小林章男氏の祖父?で「瓦宇」の創業者と思われる「大日本南都北西 瓦師 小林宇之吉之印」と刻まれていて背中にも屋号らしき文字と製作年月日なども刻まれていました。


Re: 素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • 雪だるま
  • 2018/11/26 (Mon) 18:42:45

もう一体の鍾馗さんの足元にも瓦師の銘が、
何と、横文字で書かれているではありませんか!

Re: 素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • 雪だるま
  • 2018/11/26 (Mon) 18:50:11
書かれているのは

Saku(地名?)

Otomatsu
(オトマツ)
Y matani
(ユマタニ)

でしょうか?

Re: 素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • かめりん
  • 2018/11/27 (Tue) 08:06:08
雪だるまさん、

本当に素晴らしい鍾馗さんですね。

この展示会はまだ開催しているのでしょうか?
ぜひこの目で見てみたい!
場所を教えていただきたいのですが。

Re: 素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • 雪だるま
  • 2018/11/27 (Tue) 10:32:56

かめりんさん

申し訳ありません。
展示会は25日が最終日でした。

詳細は、メールでお伝えします。

Re: 素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • まさみ
  • 2018/11/27 (Tue) 14:10:02
雪だるまさん、今回はご苦労様でした。

どうもあの鍾馗さんに呼ばれたようですね。

雪だるまさんの度重なる交渉のおかげで、ガラスケースの外からではなく間近に鍾馗さんを見ることができたので、あの「宇之吉」印を見つけることができ、鍾馗の作者がわかりました。

これであの鍾馗さんも安心して帝塚山大学付属博物館に戻られることでしょう。

まさに一期一会、もう会うことはないかもしれませんが、こんなことがあるので鍾活はやめられませんね。

Re: 素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • kite
  • 2018/11/27 (Tue) 23:38:21
雪だるまさん、まさみさん お疲れさまでした。

瓦宇さんの鍾馗さんについてはすっきりしましたが、
二体目の横文字は謎ですね(笑)

瓦宇の鍾馗さんについては、拝見したときからなんか既視感があってもやもやしていたのですが、今日やっと、博物館から兄弟を見つけました。

http://www.ne.jp/asahi/yuhi/kite/shoki/Representative/html/971_f.htm

そっくりですよね。

Re: 素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • 雪だるま
  • 2018/11/28 (Wed) 12:29:58

kiteさん、こんにちは。

確かにそっくりな鍾馗さんで
足元に同じ瓦師の印がないか
確認したくなりますね〜

Re: 素晴らしい鍾馗さんとルーツの発見!

  • まさみ
  • 2018/11/28 (Wed) 23:33:15
Kiteさん、こんばんは。

よく兄弟を見つけられましたね。

でもこの弟?(兄?)はかなり出来の悪い兄弟ですね。

ヒゲも帽子も衣も簡略化されているので、型で作るように改めて作り直されたもののようです。

しかし、このようなものがあるとは、びっくりですね。

下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:13:14
皆さま こんばんは。

ここのところ見つけた鍾馗さんを全然お披露目していなかったので、6月以降の分をまとめてアップします。

全部で9組12体です。

01 愛知県豊川市江島町

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:15:23
02 静岡県島田市野田

静岡県では4体目の発見。新しいそうですが初見です。

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:16:32
03 大阪府八尾市萱振町

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:20:58
04-1大阪府北区天神橋

こちらはだいぶ前に雪だるまさんが紹介されていた、大阪天満宮の隣におられる鍾馗さんです。

写真で見るよりずいぶん小さなものでした。
こちらの弟でしょうか。

http://www.ne.jp/asahi/yuhi/kite/shoki/Representative/html/1256_f.htm

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:21:48
04-2
対の鍾馗さん(天満宮側)

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:23:43
05 愛知県知多市日長

愛知県随一の鍾馗さん聖地で、また見つけました。
手前の庭木が邪魔で邪魔で・・

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:24:59
06 和歌山県紀の川市上田井

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:27:38
07 大阪市平野区長吉長原

#134の新発見亜種
(ビミョーな違いですが)

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:29:20
08-1 大阪市平野区長吉川辺

こちらの兄弟のように思います。

http://www.ne.jp/asahi/yuhi/kite/shoki/Representative/html/500_f.htm

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:30:32
08-2 対であがっている鍾馗さん

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:31:52
09-1 羽曳野市向野

この鍾馗さんはおとんさんが発見し、かめりんさんも紹介しておられます。

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • kite
  • 2018/11/22 (Thu) 22:35:54
09-2 裏側の鍾馗さん

撮影ポイントを見つけるのに苦労しました。
写真はまずいですが、お顔が判るので紹介します。

なかなかかっこいい。


蔵出しは以上になります。

最近は出かける回数が少ないこともあり、
半年かけてこんだけかい!
と我ながらがっかりですが、
ボチボチ頑張ります。

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • かめりん
  • 2018/11/23 (Fri) 09:40:47
えっつつつつつつ 静岡に鍾馗さんがいてはった!
それが、大きな驚き。
でも、この場所情報はどうやって入手したのでしょうか?

そして。
大阪天満宮は何度もお参りしているのに、鍾馗さんには全く気づかず、
八尾も見落としですねえ〜

日長は、じっくりと鍾活すべき聖地ですね。何度でも訪れたい地です。

私の鍾活も、ますます亀の歩みとなり・・・でも焦らず細く長〜〜くですね〜

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • 雪だるま
  • 2018/11/23 (Fri) 22:17:05
皆さん、こんばんは。

kiteさん、半年の間にこんなにも 彼方此方に行って
鍾活をされていたんですね。

結構 濃いめの顔の鍾馗さんもいて、見応えがありますねー!

大阪天満宮の鍾馗さんは、裏の白米稲荷社の隣の民家の屋根です。
梅田の会社からの帰り道に鍾活して見つけました。
小さいので、見てガッカリするかも?

寒くなってきました、皆さん お身体ご慈愛ください。

Re: 下期の鍾馗さん蔵出し

  • まさみ
  • 2018/11/23 (Fri) 22:37:45
Kiteさん、こんばんは。

みんな見ごたえがありますね!

ほとんど初見です。(見たけど忘れているかも)

25日に生駒に行って撮ってきます。