(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

謹賀新年

  • かめりん
  • 2020/01/01 (Wed) 08:35:32
鍾馗友の皆様へ

新年 明けましておめでとうございます。

旧年中は、鍾馗友の皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

今年も、鍾馗さんとのご縁がますます深まりますように。

鍾馗友の皆様のご家族に、和やかで幸福な年でありますように。

本年も、よろしくお願い申し上げます。
                       2020年 正月 かめりん拝
       

  

Re: 謹賀新年

  • まさみ
  • 2020/01/01 (Wed) 22:11:11
かめりんさん、そして皆様、新年おめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

小沢さん、新年早々嬉しいお便り有難うございました。
櫟本の仲良し鍾馗さんはもうあきらめておりましたが、元気な姿をふたたび見ることができて感激です。

また見に行かれたのは、いつもながら脱帽です!

麦積山石窟

  • まさみ
  • 2019/12/02 (Mon) 22:06:01
今日の昼にユーチューブで「麦積山」を出してみたら、20年くらい前のものから1週間前までの映像がずらずらと出てきてビックリしました。
結構有名だったのですね。
こんなんあったかなあ?というものもありましたが、どうも恐ろしくて下ばかり見ていて見逃したようです。
ご覧になっておられない方は、是非ご覧ください。

Re: 麦積山石窟

  • かめりん
  • 2019/12/04 (Wed) 21:40:22
動画、見ましたよ!
全体像を見ると、改めて凄い。
それに。西安からの高速鉄道・・・便利になったのですねえ〜

ところで。
少彦名神社の神農祭で、薬品関係の資料が特別公開されていて、
コレラ避けの鍾馗絵札が、展示されていました。(写真が撮れず、残念)
・・・中国由来の鍾馗さんが、どうしてこんなにも日本人に愛されたのかな?
今更ながら、思います。

もう師走12月・・・鍾活収めはどこにしようかしらん〜と思案中。

西安 行

  • まさみ
  • 2019/11/23 (Sat) 17:32:06
11月14日~18日まで西安に行ってきました。
関空~西安直行便ができたのでほぼ4時間で行けます。
今回は秦の兵馬俑と麦積山石窟、陝西省博物館がお目当てでしたが、日程がタイトで一日一か所というハードな旅になりました。

兵馬俑は素晴らしいものでしたが、すでに広大なテーマパークのようになっており、写真でもお馴染みなので麦積山石窟の写真を見てください。
麦積山は西安から蘭州行の高速鉄道に乗って1時間ばかりで「天水」に着き、そこからタクシーでさらに1時間ほどの所にあり、麦を積んだような形の山の壁面に無数の石窟が並んでいます。
大仏の足もとに人がいますが、高さは17~8mあるそうです。
これは西壁で、東壁にも三体の大仏がいてその間を恐怖の桟道がつないでいます。

今は素朴な村ですが、世界遺産になったので観光道路や巨大な観光センターを急ピッチで作っています。
行かれるのならお早くどうぞ!

Re: 西安 行

  • kite
  • 2019/11/29 (Fri) 00:46:17
麦積山石窟というのは知りませんでしたが、大仏の周囲の小さな石窟もひとつひとつが寺院になっているのですか?

今は回廊がついて扉もついているみたいですが、これらは後付けですよね。
作る人もお参りする人も、その情熱には敬服します。

インドにいた時アジャンタに行くことを検討しましたが、
ツアーで行かない限りとっても大変な行程になりそうなので
やめてしまいましたが、言っておけば良かったと後悔しています。

Re: 西安 行

  • かめりん
  • 2019/11/29 (Fri) 22:19:20
まさみさん、こんにちは! そしてお帰りなさい。

雲岡・敦煌石窟は行きましたが、麦積山!? 初めて知りました。
中国、今更ながら広いですねえ〜
ところで。
まさみさん、西壁・東壁、この桟道を渡られたのですか? 

私は、敦煌・兵馬俑など、まだ整備されていなかった長閑な時代から、
金銭唯一至上万歳主義の現在まで見ていているのですが、
麦積山も、すでに銭ゲバ感がアリアリですね。早く行かなくっちゃ!

陜西省博物館では、感動号泣した覚えが〜〜
それは博物館の陳列品の凄さも、当然あるのですが、
博物館にたどり着くまでの道中が大変で・・・
それが今や西安まで直行便でひとっ飛びとは。 

kiteさん、こんにちは!

インドへ行きたい!と思って始めたバックパッカー旅が、
なぜか未だに上海で止まってしまい(笑)
インドはいつでも永遠の憧れです。



Re: 西安 行

  • まさみ
  • 2019/11/29 (Fri) 22:59:19
Kiteさん、こんばんは。

僕も麦積山石窟は知らなかったのですが、以前にテレビでやっていたのを見て仰天し、娘一家に頼んで一緒に連れて行ってもらいました。

麦積山は敦煌と同じ北魏や隋の時代に作られた石窟寺院ですが、敦煌ほどの規模ではなく、また行きにくい場所だったのか知る人ぞ知る所だったようです。
石窟は急な岸壁の上にあり、以前に架けられていた木の桟道も腐って登れなかったようで、ここ7~80年前からやっと本格的な調査、研究が始まったそうです。

回廊も今はコンクリートと鉄でできていて、ある程度は安心ですが、横は目もくらむような崖なので手すりにしがみついて登りました。
石窟は半畳ほどの小さなものから20畳くらいの大きなものまであり、中に仏像と壁画があります。
たいていの窟は簡単な木の扉があり、金網がはってありますが、
敦煌と同じくよい仏像のある大きな窟は有料で、学芸員と警備員がついてきて鍵を開けてくれました。

今回は二つの世界遺産に行ったので流石にくたびれました。
特に麦積山の断崖で寒風にさらされたのが悪く、いまだに風邪が治りません。
また機会があれば写真をご覧に入れたいと思っております。




Re: 西安 行

  • まさみ
  • 2019/11/29 (Fri) 23:24:06
かめりんさん、こんばんは。

この写真の右手の方にも同じくらいの桟道と大仏があり、下から見上げた時にはよめさんと「これは無理だから行けるところまで行って引き返そう」と言っていたのですが、案内を頼んだ学芸員の人が一方通行なので戻れませんよと言うので覚悟を決めました。
登るより下を見ながら下りるのが恐ろしく、よめさんは後ろ向きに下りていました。

陝西省博物館はちょうど新しく壁画館ができたところで、僕の「私は瓦鍾馗」に載せた李寿の墓の壁画の本物を見ることができ、感激しました。

Re: 西安 行

  • かめりん
  • 2019/11/30 (Sat) 17:28:55
まさみさん、
これを登られたとは凄い! それに降りる方がより怖いだろうなあ〜と想像できます。
それにしても、こんな断崖に仏を彫る・・・
その信仰の力というのは、計り知れないものがありますね。
でも。
麦積山はすでに敦煌化して、優良窟は有料なんですねえ〜

今、NHK80年代の<シルクロード>が再放送されていて、
今日は、ちょうど兵馬俑を紹介していました。
あの時の中国人は素朴やった・・・と当時と現在を比べて苦笑。

風邪をひかれたそうですが、この弾丸行程ではお疲れが出たのでは〜
早く治りますように。


不謹慎とは思いつつ・・・。

  • まさみ
  • 2019/10/18 (Fri) 21:48:52
台風19号の目を疑うような映像を連日テレビで見ておりますが、このような時に不謹慎とは思いつつ、民家の屋根が映るとつい反射的に瓦鍾馗を探すという因果な習慣の結果、先日茨城県常陸太田市の久慈川流域で被災された民家の大屋根に、かなり大きな瓦鍾馗があがっているのを見つけました。
埼玉県にはたくさん瓦鍾馗があるので、茨城県にあっても不思議ではないのですが、Kiteさんやおとんさんのブログをみても茨城県のものは出ていないのでちょっと書いてみました。
ただ、遠くて一瞬だったので鍾馗の形はわからず、恵比寿、大黒の恐れもありますが、棟に一体あがっている感じからしておそらく瓦鍾馗だと確信しております。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • kite
  • 2019/10/21 (Mon) 15:25:24
まさみさん、本当に不謹慎ですねー
でも、わたしも同じことを絶対します。

茨城県の鍾馗さん情報は聞いたことがありません。
上記をヒントにストリートビューで探してみます

もう少しヒントをください
久慈川流域というのは本当の川沿いか、
川沿いを含む地域かどちらでしょう?

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • まさみ
  • 2019/10/22 (Tue) 12:23:58
Kiteさん。
NHKテレビで10秒ほど出た地図なのでうろ覚えですが、赤丸のあたりだと思います。
アナウンサーが被災者のかたにインタビューしていましたが、家は広い敷地に2軒建っていて前の家は黄色い色の四角い作りの店になっており、入口の上の壁に「やきにく」と書いてあったような気がします。
鍾馗さんは左奥の母屋の大屋根にもう一つ煙り出しのような小さな屋根があり、その屋根の棟にあがっています。
店があるのでおそらく道路に面しているはずですので、見つかるかもしれませんね。
ただ、塀や樹木が流されている可能性大ですので、その点はご留意ください。
期待しております。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • kite
  • 2019/10/22 (Tue) 23:04:33
まさみさん 詳しい情報ありがとうございます。
一時間ほどがんばってみましたが、まだみつかりません。

かなり広い範囲が対象になるので、気長にやってみますが
田舎でストリートビューが行きわたっていないので
見つかる可能性はあまり高くなさそうです。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • まさみ
  • 2019/10/24 (Thu) 10:57:40
Kiteさん。

あの場所に1体あったということは、その地域の周辺にもあるはずなので、あの鍾馗にこだわらないでめげずにやってみてください。

僕はストリートビューのやり方を知りませんので、どなたかできる方は是非ご参加ください。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • kite
  • 2019/10/25 (Fri) 23:41:06
発見しました!!

https://goo.gl/maps/BDHvWkcnmeJmPYw39

シルエットからみて、鍾馗さんだと思います。

結構大変でした。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • まさみ
  • 2019/10/25 (Fri) 23:58:40
Kiteさん、やりましたね!!!

正直見つかるとは思っていなかったので、ミラクルです。

やはり鍾馗さんでしたね、これだけ大きく映ると間違いありませんが、テレビの画面の左隅の遠くに一瞬小さくしか見えなかったので本当は自信がありませんでした。
これで茨城県にも鍾馗さんがあるのがわかりましたね。

有難うございました。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • 雪だるま
  • 2019/10/26 (Sat) 23:04:31

凄い!

鍾馗さんに導かれたと言ってしまえば
それまでですが、まさみさんの一瞬の
映像を見逃さない観察力とkiteさんの
長時間探し続ける集中力には敬服します。

不謹慎かもしれませんが、
驚きの発見ですね!

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • かめりん
  • 2019/10/27 (Sun) 08:30:34
まさみさん、kiteさん、雪だるまさん
こんにちは!

お二人には私も感嘆。まさに鍾馗さんのお導きですね。

それにしても。
茨城にも鍾馗さんがあることの驚きと喜び。
埼玉はあるので、そうすると栃木・群馬もありそうですね。

ただ、今回の水害や今後増えるであろう災害で、瓦屋根のお家はますます減少するだろうし
今こそが、最後の鍾活の機会やなあ〜とも思います。

香川県の鍾馗さん情報

  • kite
  • 2019/10/08 (Tue) 23:11:18
皆さま、ご無沙汰しています。

図書館で借りてきた『路上探検隊 讃岐路をゆく』という本を眺めていたら鍾馗さん掲載を発見しました。

香川県では、これまでおとんさんが高松市内で一体発見の情報があるだけです。

https://blog.goo.ne.jp/shoki_shoki/e/9ff916c85e2cc734b6fa5867a5547666

今回の鍾馗さん、綾上町(現在は綾川町)とあるだけなので、探し当てるのは難しいですが、飾り瓦の多い土地柄なのでじっくり探せば他にも見つかるかもです。

※暑さにかまけて鍾活さぼっていましたが、先週末に奈良県に遠征して再開しました! ただいま整理中につきしばしお待ちを!

Re: 香川県の鍾馗さん情報

  • おとん
  • 2019/10/10 (Thu) 20:36:50
今朝この投稿に気がつきました。近くの図書館でこの本を借りてきてぱらぱらっとめくってみましたが、おっしゃるように手がかりになりそうな文章はないですね。今度帰ったときに行く時間をとって行ってみます。
出版されてから26年たっているので期待はできないですね。

お知らせ

  • まさみ
  • 2019/09/24 (Tue) 21:00:12
9月26日(木)の読売テレビ10チャンネル「かんさい情報ネットten]という番組で、6時15~20分くらいから瓦鍾馗さんが取り上げられます。
視聴者の質問に答えるようなものらしいのですが、「私の家の屋根にある、これはなに?」みたいな話のようです。

取材に来られたので資料と写真をお渡ししましたが、どのように使われるのか、また使われないのかははわかりません。

お時間があれば是非ご覧ください。


Re: お知らせ

  • かめりん
  • 2019/09/25 (Wed) 17:55:17
まさみさん、こんにちは!

ステキな情報を、ありがとうございます。

この番組は大好きで、いつも見ています。
早速、録画予約しました。

ところで。 鍾活に良い季節がやっと来ましたね。
秋の鍾活ツアー、いかがでしょうか?

Re: お知らせ

  • 雪だるま
  • 2019/09/26 (Thu) 20:28:01

放送 観ましたよー!
屋根の上の謎の物体は倒れた鍾馗さん。

提供された鍾馗さんの写真には
撮影者として、まさみさんの名前が
書かれていました。

Re: お知らせ

  • まさみ
  • 2019/09/27 (Fri) 18:10:07
お詫び

じつにしょ~もない番組でしたね。

夜に池田先生からお電話があり、「あんな話であれだけ時間を延ばせるのは、かなりのものですね~」との皮肉。

おばさんの名(迷)演技もさることながら、一つだけ面白かったのは写った鍾馗さんが相当に古いもので、背中のないレリーフ状になっており、あの家が百年くらい経っているのなら最初から大屋根にあった可能性もあります。

すみませんでした、もう「ten]は見ません。

産寧坂のとうがらし鍾馗

  • まさみ
  • 2019/09/06 (Fri) 22:30:11
先日、おん歳87才のスーパーマン、池田先生が清水坂で撮られたという「とうがらし鍾馗」の写真を頂戴いたしましたので、さっそく国立博物館の展示を見に行ったついでに足を延ばして清水に行ってきました。
「とうがらし」なので産寧坂の角にある有名な七味屋だと見当を着けましたが、いくら探しても見つからず欧米人、中国人、修学旅行生の波に流されて石段を下りていると、向かいの小さな店の屋根で発見!
人々の非難の声をしり目に逆走してようやく撮りました。
この前のキャリーバッグの鍾馗と同じく浅田製瓦所で作られたものだと思われます。

Re: 産寧坂のとうがらし鍾馗

  • かめりん
  • 2019/09/08 (Sun) 20:07:07
まさみさん、こんにちは!

京都の鍾馗さんは、キャリーバッグや土瓶、とうがらしまで持たされて、
京都観光に大いに貢献。<おもてなし鍾馗さん>ですね〜〜

そろそろ鍾活始めようと思った矢先、今日(8日)はなんと36度で戦意喪失。
まさみさん、産寧坂は恐ろしいまでの人混みになっているし、
それと暑さで、お体大丈夫でしたか?
でも池田先生、なんと87歳!なのですね。
それで鍾活頑張っていらっしゃるし、私も鍾活再開しなくちゃ。

名張市に2つ

  • 今西です
  • E-mail
  • 2019/05/09 (Thu) 13:34:20
名張市に無いと思っていましたが、2つ見つけました。
蔵持町里と下小波田です。

Re: 名張市に2つ

  • まさみ
  • 2019/05/10 (Fri) 17:32:52
今西さん、投稿ありがとうございます。

Kiteさんの「鍾馗博物館」に出ているかもしれませんね。
一度調べてみてください。

Re: 名張市に2つ

  • かめりん
  • 2019/05/10 (Fri) 20:26:05
今西さん、こんにちは!

先日、名張市内を探索したばかりでした。
大西さんのおっしゃる通り、
名張に鍾馗さんは無い・・・と今までの鍾活でわかっていたものの、
敢えて再び挑戦したのですが、
一体も見つけられず、がっかりしていたところでした。
でも、探せばやはりあるのですねえ〜〜
ありがとうございました。

Re: 名張市に2つ

  • kite
  • 2019/05/13 (Mon) 00:05:46
今西さん、こんばんは。

確かに名張市内は少ないですね。
どちらの町でも私もこれまで鍾馗さんを発見したことはないので、おそらくこの掲示板をご覧になっている方たちでも知らない鍾馗さんではないでしょうか。

写真の鍾馗さんは他所でも見たことがないもので、栄えある新種発見(笑)だと思います。

軒下にずいぶん下を向けてあげられているのでしょうか?

Re: Re: 名張市に4つ

  • 今西です
  • 2019/09/05 (Thu) 16:24:42
安部田の吉田美容室の横の家と、布生の惣正寺横の民家に見つけました。

福崎の鍾馗さん

  • onigawara
  • 2019/07/21 (Sun) 22:18:13
残念ながら斜め前から撮った画像がボケてました。
面目ない。甘いですね

Re: 福崎の鍾馗さん

  • onigawara
  • 2019/07/21 (Sun) 22:21:11
会の解散後、自転車に乗ってちょっと走り回りましたが、出会ったのはこれ一体のみでした。

Re: 福崎の鍾馗さん

  • まさみ
  • 2019/07/22 (Mon) 22:04:55
onigawaraさん、こんばんは。

自転車でちょっと走り回ったにしては、いい鍾馗さんが見つかりましたね。
勿論初見ですが、左手の部分を拡大してみても指の形がよくわかりません。
何か持っているのでしょうか?

Re: 福崎の鍾馗さん

  • onigawara
  • 2019/07/22 (Mon) 22:28:40
まさみさん、こんばんは。

雨が降り出しそうになってきたし、曲がらずに通り過ぎようとした路地の向こうの家の壁にチラッと何か意味不明のオブジェか何かのようなものが見えて、近づいてみると屋根の隅に鍾馗さんがいて、オッ!と思いました。
導かれたのかな

左手部分だけわかるように縮小せずにトリミングしてみました。
「来るな」と手を広げた状態で指が二本欠損してますね

Re: 福崎の鍾馗さん

  • かめりん
  • 2019/07/22 (Mon) 23:52:42
onigawaraさん、こんばんは!

やはり、鍾馗神さんに導かれた逸品です。
剣が、三角錐=槍先のようになっていて、面白いですね〜

それに、変わった位置にいるように思え、
この鍾馗さんは、お寺鍾馗さんなのでしょうか・・・

Re: 福崎の鍾馗さん

  • onigawara
  • 2019/07/23 (Tue) 06:55:03
>かめりんさん

地図で確認すると近くにお寺はありますが、それに向かってなら棟の先、またはその下の妻壁かな。
鬼門方向ということかもしれませんね。

壁にいろいろ付いてますね。
家の人が飾りを取り付けたりするのがお好きな方で、鍾馗さんもそのうちの一つ、ということもあるのかな?

Re: 福崎の鍾馗さん

  • かめりん
  • 2019/07/23 (Tue) 07:22:22
onigawaraさん、
早速のご返答と、お家の写真までありがとうございます。

お家自体の写真で、よくわかりました。
鍾馗さん、こんな感じでいたのですね〜〜

家主の方が、意志を持って鍾馗さんをあげておられるようで、
また大切にされているようで、嬉しくなりました。

Re: 福崎の鍾馗さん

  • kite
  • 2019/07/23 (Tue) 22:41:59
onigawaraさん、ご苦労様です。

ストリートビューでこのお家を(遠目ですが)みつけました!

SVは2013年の撮影ですが、その時点では鍾馗さんはあるものの、
壁の飾り物はまだないみたいです。

Re: 福崎の鍾馗さん

  • まさみ
  • 2019/07/23 (Tue) 22:50:25
onigawaraさん、こんばんは。

拡大していただきましたが、まだよくわかりません。
大阪によくある「ストップ鍾馗」の類でしょうか?
しかし、この家は変ですね。
いろいろ壁についていますが、つけ方のバランスおかしいです。
onigawaraさんはきっと、この鍾馗さんに呼ばれたのだと思います。

Re: 福崎の鍾馗さん

  • onigawara
  • 2019/07/25 (Thu) 20:39:44
>kiteさん
小さな町とはいえこれだけの情報で場所を探り当てるとは!
普段からのSV探索やLocatestreetで鍛えた?スキルでしょうか。

>まさみさん
「ストップ鍾馗」かと思いますね。
壁に付けられた飾り?のバランス、付けた本人はおそらく満足しておられるのでしょうが・・・何でもありという感じですね

岐阜ツアー最新情報

  • kite
  • 2019/07/19 (Fri) 12:19:42
最新の予報では明日の岐阜方面
傘マークがなくなって、終日くもり☁です(^o^)

一応、決行のつもりでいますが今日の18時頃に
最終のご案内をここで再度お知らせします。

Re: 岐阜ツアー最新情報

  • kite
  • 2019/07/19 (Fri) 17:55:26
★★ 決行します ★★
予報もそのままですので
予定どおり開催します。

米原駅西口(琵琶湖側)9時集合

よろしくお願いします。

Re: 岐阜ツアー最新情報

  • かめりん
  • 2019/07/19 (Fri) 18:14:42
こんにちは!

曇りは晴天より、私達には絶好の鍾活日和。

良かった!

よろしくお願い致します。

Re: 岐阜ツアー最新情報

  • まさみ
  • 2019/07/19 (Fri) 19:02:36
了解しました。

では9時に米原駅西口で、おねがいいたします。