(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

尺代の鍾馗

  • まさみ
  • 2020/06/29 (Mon) 17:24:12
皆様、お待たせしました。

今日、島本町水無瀬に住む彫刻家の友人の車で、尺代の集落まで行ってきました。

ストリートビューの防火水そうのマークを頼りに探しましたが、狭い集落なのですぐにわかりました。
ただし、狭い道を歩いていると大屋根の上なのでまず見えません。
向かいの少し入り込んだ空地から撮りました。

屋根は新しくしておられますが、鍾馗さんは古いもので僕は初見です。
鬼瓦さんの執念に感謝です!

Re: 尺代の鍾馗

  • 鬼瓦
  • 2020/06/30 (Tue) 07:02:08
なんと個性的なおもしろ鍾馗さん。
宇宙人みたい
おそらく建て替え(または葺き替え?)前から引き続きこの家を守ってるのでしょうねぇ。

Re: 尺代の鍾馗

  • kite
  • 2020/07/01 (Wed) 09:34:15
まさみさん、さっそく突撃レポートありがとうございます!!

期待に違わぬぶっとんだ鍾馗さん、眼福です!

鬼瓦さんとまさみさんの連携プレーで、
コロナの無聊がしばし癒されました\(^o^)/

Re: 尺代の鍾馗

  • かめりん
  • 2020/07/04 (Sat) 20:00:14
こんにちは!

おとぼけ感・ユーモア感漂う、なんとも良い鍾馗さんですね〜〜

コロナの上に熊本は豪雨。
疫病・災害で疲弊する現在にこそ、このユーモアが必要だと、しみじみ思いました。

無題

  • まさみ
  • 2020/06/19 (Fri) 14:12:43
梅雨とコロナの季節、皆様いかがお過ごしですか?

梅雨の晴れ間に行った「柳谷観音」さんに、ちょっと珍しい神農さんの瓦がありました。

お寺に神農さんは私は初見です。
このお寺は眼病に霊験のある千手観音さんが本尊で、お稲荷さんもあり子授け、安産、から美顔までと何でもありなので、薬の神様の神農さんがおられても不思議ではありませんが、それが勅使門の屋根にあがっているので、ちょっと違和感がありました。

Re: 無題

  • まさみ
  • 2020/06/19 (Fri) 14:18:30
そんなに古いものではなさそうです。

Re: 無題

  • kite
  • 2020/06/19 (Fri) 22:54:15
まさみさん こんばんは。

相変わらずテレワークが続いており、
図書館で借りてきた読書三昧+
コロナ太りに抗う日々を過ごしています。

不勉強で恥ずかしいのですが、勅使門というのは
皇室からの使者専用の入り口なので、
その上に守り神を鎮座させるのは不敬、という理解でよいのでしょうか?

今どきの商売熱心なお寺さんのようなので、ご利益があれば
細かいことは気にしない感じですね。

私の家の近くにも、鍾馗さんをなんと四体もあげているお寺があります。
ストリートビューのリンクもつけておきますのでご覧ください。
簡単に確認できます。

https://goo.gl/maps/qsmB3eHGbsd9jXcG6



Re: 無題

  • かめりん
  • 2020/06/20 (Sat) 17:51:57
まさみさん、kiteさん、こんにちは!

勅使門の上に神農さん! これは珍しいですね。おそらく唯一かも〜

お寺に4体もの鍾馗さん! 2体上げているお寺は奈良で会いましたが、4体とは〜

両寺とも、コロナ流行を予見したのでしょうか?

疫病避けは、アマビエより神農さんや鍾馗さんの方が、よほど効力がある気がします。
   → というのは、鍾馗好きゆえの思い込みかしらん・笑

ともかく疫病が退散して、早く鍾活したいものです。

Re: 無題

  • まさみ
  • 2020/06/20 (Sat) 23:15:07
Kiteさん、今晩は。

不敬かどうかはわかりませんが、他に目出度い飾りや寿老人、布袋さんなどもあるのに、神農さんというのは何か場違いな感じがしました。
4体も鍾馗さんをあげているお寺を見たいのですが、ストリートビューの見方がわからないので、簡単に教えてください。

Re: 無題

  • kite
  • 2020/06/21 (Sun) 23:36:33
まさみさん こんばんは。

使い方を言葉でお伝えするのはなかなか骨が折れるので、
まずは参考になりそうな動画を探してみました

https://www.youtube.com/watch?v=osG98rA88dg

Googleマップ全体の解説になっていて長いので、
19分あたりまで飛ばすとストリートビューの見方がすぐ見られます。

これでどうでしょう?

Re: 無題

  • 田中道郎
  • E-mail
  • 2020/06/22 (Mon) 12:15:18
皆さん ご無沙汰をしております。

私もコロナ禍による活動自粛+αの運動自粛生活を続けています。
まさみさんの投稿の神農さんについての知識がなかったので、
ググってみたら、くすりの道修町にある少彦名神社(神農さん)
のページが出てきました。

http://www.sinnosan.jp/gosyuin.html

なんと、そこの御朱印にも新型コロナウィルス終息祈願として
鍾馗さんが描かれていました。

私は神社には行ったことがありますが、資料館(現在閉館中)に
展示されている鍾馗像はあまり記憶に無いです。
多分、型で作られた新しいものだったような気もしますが、、
おとんさんやかめりんさんなら、ご存知かも知れませんね。

Re: 無題

  • 鬼瓦
  • 2020/06/22 (Mon) 22:35:24
みなさま、ご無沙汰しております。
お寺の神農さんの瓦、珍しいですね。

googlemap航空写真で柳谷観音から島本町へ越えたあたりの集落が目に留まったのでストリートビューで散策(?)してみると・・・棟に人型のようなものがあるのを見つけました。
ここの皆さんなら既にご存知?
https://www.google.com/maps/@34.8976284,135.653396,3a,60y,290.76h,96.77t/data=!3m6!1e1!3m4!1sak8TPAoGNVsqkqKSfx8dmQ!2e0!7i16384!8i8192

画像は富山の広貫堂資料館に展示されていた薬袋。
鍾馗さんの他に神農さん・龍・鬼などがありました。

Re: 無題

  • まさみ
  • 2020/06/23 (Tue) 21:16:22
こんなにたくさんのお暇な皆様からお返事をいただくとは、有難うございます。

Kiteさん、長々と解説を見てからやってみましたがやはりダメでしたので、あちこち動かしてクリックしていると突然塀の上の鍾馗さんが見えました。
みんな同じ型の鍾馗さんですね。
鍾馗さんのある寺は何故か本尊が観音さんの場合が多いのですが、徳念寺さんはどうでしょうか?

雪だるまさん、少彦名神社のお札、面白いですね。
ちゃっかりと鍾馗さんも登場させていて、さすが大阪人!

少彦名と神農さんは全く別の神様ですが、牛頭天王が素戔嗚になったように、中国の神様が日本の神様に変えられています。

鬼瓦さん、お久しぶりですね。
この広貫堂の薬袋、貴重な資料です。
藤沢薬品のマークも鍾馗さんでしたが、コロナのワクチンにも着けなくては・・・。
航空写真の屋根の鍾馗さんは、尺代という集落にあります。
先月に神峰山寺、若山神社、尺代、大沢と回ってきましたが、尺代は通ったのにこの鍾馗さんには気が付きませんでした。

アジアはどうにか収まっていますが、世界的にはますます感染が
拡大しているようです。
皆様も第2波にはくれぐれもご油断なく。

Re: 無題

  • かめりん
  • 2020/06/24 (Wed) 09:47:46
雪だるまさん、鬼瓦さんさん、

こんにちは! お久しぶりです。お二人ともお元気そうで何よりです。

雪だるまさん・・・少彦名神社、早速お参りして来ますね〜

鬼瓦さん・・・広貫堂の薬袋・・・龍神さんまであるなんて、まさに神頼みですね〜

コロナの上に今は梅雨の真っ只中。梅雨が明けると更に酷暑がやって来ます。

皆さま、くれぐれもお体ご自愛ください。

Re: 無題

  • kite
  • 2020/06/26 (Fri) 22:57:39
みなさん お久しぶりです!

鬼瓦さん発見の島本町の鍾馗さん、私も行ったことがありません。
StreetViewのちいさな画像で見る限り、
独特のかたちでレア鍾馗さんの香りがぷんぷんしていますね。

行きたいけどすぐにはいけないなぁ
近在の方のレポートお待ちしております。

Re: 無題

  • kite
  • 2020/06/26 (Fri) 23:03:12
シルエットからはこの鍾馗さんを連想しました。

http://www.ne.jp/asahi/yuhi/kite/shoki/Representative/html/1187_f.htm

大黒様?

  • りんりん
  • 2020/05/19 (Tue) 21:56:09
みなさま、ご無沙汰しております。お変わりなくお過ごしでしょうか。
私はコロナの感染拡大を受けて、3月末にスペインから緊急帰国しました。

さて、みなさまにお尋ねしたいことがあるのですが、京都市内で鍾馗さんの代わりに大黒様の瓦人形を据えたお宅に心当たりはございませんでしょうか。

3年前、とある西陣の町家のとある研究会に参加した折、鍾馗さんについてのことを話させていただいたのですが、そのときの参加者のかたに鍾馗さんの代わりに大黒様を据えたお宅がある、知らないかと尋ねられました。

どこかで見たような聞いたような気がするのですが、どうも思い出せません。

もしお心当たりのあるお方がいらっしゃれば、お知恵をお貸しいただけると幸いです。

Re: 大黒様?

  • まさみ
  • 2020/05/19 (Tue) 22:09:30
りんりんさん、お帰りなさい。

スペインを無事に脱出されて、よかったですね。
まあ、日本も安心できませんが・・・。

棟の両側にエビス、ダイコクをあげているのはよくありますが、
小屋根の鍾馗さんの位置に大黒さんをあげているのは、以前どこかで見たのですが思い出せません。
京都のことは「かめりんさん」がお詳しいので、どこかご存知かもしれませんね。

Re: 大黒様?

  • kite
  • 2020/05/19 (Tue) 23:29:34
りんりんさん、おひさしぶりです。

もう少し様子を見ていたら身動き取れなくなるところでしたね。

わたしも街なかのどこかで見た気がするのですが思い出せません・・
ここはやはりかめりんさんの登場を待ちましょう!

一応、上賀茂の社家町あたりで目にした大黒さんです。

Re: 大黒様?

  • まさみ
  • 2020/05/20 (Wed) 12:06:57
りんりんさん、おはようございます。

手持ちの写真を調べたところ、鍾馗さんの位置に大黒さんがあがっているのが、上京区、中京区、下京区で一体づつ見つかりましたが、鍾馗撮影のついでに撮ったので詳しい場所がわかりません。
場所がわかっているのは、上京区西洞院通椹木町上るの「麩嘉」という麩屋さんで可愛い大黒さんでしたが、先日通った時には別のモノに変わっていたように思います。
もう一つは池田先生のご報告で、下京区大黒町通正面下る塗師屋町のマッサージ店にあるそうです。
ただし、これは俵に乗っておらず大きなうさぎもいることから、大国主の命だと思われます。

Re: 大黒様?

  • かめりん
  • 2020/05/21 (Thu) 10:29:57
りんりんさん、こんにちは。お久しぶりです。

スペインにお住まいだったのですね。無事に帰国されたのよし、何よりです。

さて。お尋ねの大国様ですが、いきなりの結論ですが、場所の詳細はわかりません。
すみません。

大国さん(恵比寿さん)を大屋根・小屋根に上げている家は、おかめさんより多くてよく見ます。
でも、私は本命の鍾馗さんの場所さえ裏覚えなので、まして大国さんは・・・
ただ、市内には大国町が3ヶ所?あり、その内の一つ
西陣・堤瓦店前には大黒様像が鎮座しておられますが。

余談ですが、大和・近江は農業処なので、大国さんが、
大阪は、商売人の町なので、恵比寿さんが多いようです。

りんりんさんには、くれぐれもお体ご自愛ください。
いつか、スペインでのお話をお聞きできる日を、楽しみにしています。

Re: 大黒様?

  • りんりん
  • 2020/05/21 (Thu) 11:37:56
みなさま、お返事ありがとうございます。みなさまもお元気な様子で安心いたしました。私も早く研究しにスペインに戻らねばいけませんが、いつになることやら。

大黒様の件について、ありがとうございます。
まさみさん、上京の麩嘉さんについて、情報をありがとうございます。まさにわたくしにご質問いただいたのが、そのお店でした。Google マップで店を見ても、大黒様ではなく鍾馗さんがあったようなので、困っていたところでした。そのようにお返事させていただきます。

Re: 大黒様?

  • まさみ
  • 2020/05/21 (Thu) 22:08:37
りんりんさん、こんばんは。

麩嘉の大黒さん、探し出しました。

可愛いでしょう。

鍾馗さんになっていたようですが、おそらく店の中に大事にしまわれているのではないでしょうか。

Re: 大黒様?

  • りんりん
  • 2020/05/27 (Wed) 09:58:45
まさみさん
お写真ありがとうございます。味があってとても可愛らしいですね。外側からは確認できませんが、ぜひ今度お店に行って確認してみたいと思います。

コロナを蹴飛ばす鍾馗

  • まさみ
  • 2020/03/23 (Mon) 18:59:31
世の中、大変なことになっておりますが皆様つつがなくおすごしでしょうか?
亡くなっておられる方のほとんどが高齢者なので、心中穏やかではありません。
しかし、やむなくお彼岸の墓参りに行かねばならず、鍾馗大明神のお札とマスクに身を固めて寺町通りに出かけてビックリ!

テレビで観ていた閑散としたニユーヨークやパリとは全く違って、着物姿の若者や外国人までいつものようにゾロゾロと歩いており、入ったコーヒー店も満席の状態でした。

なんじゃこれは?

コロナウイルス発生地の中国では大々的な終息キャンペーンをやっていますが、実は感染者と死者は発表された数の十倍はいるということだし、日本もオリンピックが延期になったので、アベチャン得意の隠ぺい工作の必要が無くなり、検査を増やせば患者数も急激に増える恐れがあります。

とにかく、まだまだご油断なきようご籠城をお勧めいたします。

Re: コロナを蹴飛ばす鍾馗

  • kite
  • 2020/03/26 (Thu) 23:11:26
まさみさんの予想通り、五輪延期でひと息ついた小池さんが急に目立ってきて東京周辺が騒がしくなってきましたね。

愛知県は亡くなった人の数が一番多いのですが、自分の周辺はここまでのところ平穏です。
ただ、東京支社は明日から在宅勤務ですし、近所の工場でも感染者が出て稼働停止のところも出始めています。
来週辺りは我々も自宅待機になっているかもです。

鍾活シーズン到来ですが、しばらくは我慢々々ですね~

Re: コロナを蹴飛ばす鍾馗

  • かめりん
  • 2020/03/27 (Fri) 22:06:38
まさみさん、kiteさん、こんにちは!

世界的に感染が広がる中で、
とうとうオリンピックも延期になってしまいましたね〜

鍾馗さんに、一刻も早い感染の収束をお願いしつつ、
私たちの鍾活も、今は我慢のしどころですね。

晴れて鍾活できる日を心待ちにしながら、
その日のために、皆様にはくれぐれもお体ご自愛ください。

Re: コロナを蹴飛ばす鍾馗

  • kite
  • 2020/05/11 (Mon) 21:28:29
テレワークで家から一歩も出ない日が続いています。
今日も夕方、歩数計を見たら500歩(^_^;
さすがにこれではいかんので
人に出会わぬよう、近所を歩くことにしています。

今日の中日新聞に「姫魚」というのが紹介されていました。
有名になったアマビエと同類のようですが、その仲間として鍾馗さんもちょっと取り上げてもらっています。

岩瀬文庫のHPを見てみましたが、それらしい記事は見つけられませんでした。

Re: コロナを蹴飛ばす鍾馗

  • まさみ
  • 2020/05/12 (Tue) 23:38:20
Kiteさん、お久しぶりです。

とうとうテレワークになりましたか。

中日新聞の記事、嬉しいですね。
こんな時こそ鍾馗さんですよね。
「姫魚」というのはアマビエによく似ており、云っているセリフも同じです。
もっとも瓦版の「アマビエ」は「アマビコ」の写し間違いだそうですが。

今日は長引く籠城にたえかねて、友人の車で高槻市の北にある神峰山寺に行ってきました。
立派な山岳寺院で毘沙門天の像があるのですが、開帳は年に一回秋だけだそうで、残念でした。

かめりんさん。
神峰山寺の登り道に勧請縄がありました。
樒と竹で作られており、勧請掛と書いてありました。

Re: コロナを蹴飛ばす鍾馗

  • かめりん
  • 2020/05/15 (Fri) 06:47:40
まさみさん、kiteさん、こんにちは!

籠城生活が続く中でも、お二人にはお元気で何よりです。

えっつつつつ、高槻に勧請縄(掛)?! 
高槻は、珍しい鍾馗さんも存る地なので、勧請縄の風習も残っているのでしょうか〜

今もっぱらテレワーク鍾活中。
といっても、鍾馗博物館をじっくり見直しているのですが、
この鍾馗さんは見てない、あの地には行ってない〜〜
と、改めてリアル鍾活への気持ちが、盛り上がっています。

庶民が疫病退散を、姫魚、アマビエに願うのも、お国に頼れない心情があるのかも〜〜
でも、ともかく月末にはある程度籠城生活も緩和される見込みで、良かった!
リアル鍾活できる日が近付いていて、ワクワク。

今日、ようやくアベノマスクを受け取りました。
巷で言われているような不良品でなく、縫製もしっかりしており、使い心地も良く、
どうやらラッキー製品に当たったみたい。

ともあれ。
鍾馗友の皆様と、再会できる日が早く来ることを願うばかりです。






桂の鍾馗

  • まさみ
  • 2020/04/07 (Tue) 15:39:31
昨日、桜満開の桂川堤に行く途中の阪急桂駅東で、偶然に見つけました。
おそらく最近にあげられたものと思われますが、新しい箱はハンパでなく凝ったつくりですね。
これだけの立派な箱に入っているのはどんな鍾馗さんだろうと、今朝さっそく撮影に行ってきました。

Re: 桂の鍾馗

  • まさみ
  • 2020/04/07 (Tue) 15:47:19
思ったとおりかなり古いもので、袖の作り方から一品ものの可能性もあります。
家も新しくされているようなので、鍾馗さんの家も新調されたのかもしれませんね。

Re: 桂の鍾馗

  • まさみ
  • 2020/04/07 (Tue) 15:49:54
僕は初見ですが、皆さんはどうでしょうか?

Re: 桂の鍾馗

  • kite
  • 2020/04/08 (Wed) 00:06:15
まさみさん、こんばんは。
建物は真新しいところと古そうなところが混在してるように見えますが、鍾馗さんは紛れもなく古そうですね。

この鍾馗さん、私は初見です。
かなり大きな鍾馗さんで、手足などの細部がとても丁寧に作り込まれているように見受けます。
http://www.ne.jp/asahi/yuhi/kite/shoki/Representative/html/597_f.htm
こちらの鍾馗さんを思い出しました。

顔はまったく違いますが…

Re: 桂の鍾馗

  • まさみ
  • 2020/04/08 (Wed) 22:45:14
Kiteさん、こんばんは。

この家はたしかに門は古いままですね。
阪急桂駅から東に延びる道に面していて、桂地蔵の近くにあります。
何度も通っているのですが、全く気が付かなかったのは家の下におろしてあり、今回家をリホームされたときに大工さんに頼んで鍾馗の家も作らせたのではと想像しております。

この袖の複雑な形からして手作りの感じがしますが、いかがですか?
中京区の鍾馗さんのほうが鬼師の腕は上ですが、古さはこちらかな?

Re: 桂の鍾馗

  • kite
  • 2020/04/09 (Thu) 23:09:35
まさみさん、こんばんは。

この袖は型では難しいので手作りは間違いないですね。

所在をストリートビューで見つけました。

https://goo.gl/maps/qAQjBsq3922HPU9c7

履歴もたくさんあったので鍾馗さんが置かれるまでの経緯がかなりわかります。

まさみさんの想像どおり、もともと鍾馗さんはあがっておりません(2010年1月)
2013年3月の画像では母屋はそのままで、もともとあった玄関と車庫を取り壊して建て替え中
2014年4月には玄関と車庫の建て替えは完了していますが、鍾馗さんはまだいない。
2016年8月になると鍾馗さんとその邸宅が登場します。

5さいの鍾馗さんの訳はないのできっと家の中に保管されていたのでしょうね。
これはうれしい事です!

Re: 桂の鍾馗

  • kite
  • 2020/04/09 (Thu) 23:14:58
ちなみにストリートビューの履歴の見方ですが
左上の時計のマークあたりをクリックすると履歴の小窓が表示されますので、見たい時期を選んでください。

Re: 桂の鍾馗

  • まさみ
  • 2020/04/10 (Fri) 22:40:30
Kiteさん、こんばんは。

ストリートビューは凄いですね!
年代を追って画像が見られるとは驚きました。
なるほど2016年には家も鍾馗さんも現在の状態ですね。
何故か門だけが古いままですが・・・。

近場にこんな鍾馗さんがいたなんて、思いもしませんでした。
これを力にして、もうすこしうろついてみます。

Re: 桂の鍾馗

  • かめりん
  • 2020/04/13 (Mon) 17:44:19
まさみさん、kiteさん こんにちは!

さすが京都。こんな年代もの鍾馗さんが、いてはったとは!
風になびく袖と、鉄剣が良いですねえ〜
それに、箱がこの鍾馗さんの格に合った凝った作りで、更にステキ。

そして。タイムマシーン・ストリートビューも凄いですねえ〜

それにしても、新型コロナウイルスの勢いが止まらず、
今こそ我らが鍾馗さんの霊力によって、疫病を退散してほしいところです。

本当に、1日も早く皆様と鍾活できる日が来ることを、願うばかりです。



波乱の仙台行

  • kite
  • 2020/02/15 (Sat) 23:31:37
皆さま、ご無沙汰しています。

以前にこちらでも話題になった宮城県の鍾馗さん

http://otoshibumi.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=8355657

訪問してきました。

インドを行き来していたころに貯まったマイルがそろそろ有効期限なので仙台往復のチケットに交換し、いざ出陣しました。



が・・・

会えませんでした(涙)

旧家で道具をコレクションとして公開しているということだったので、ふらっと行けば会えるだろうと安易な気持ちで行ったのですが、訪問当日は人気がなく、HPに掲載の電話番号にかけてもどなたもでてくれません。

何度かトライしましたが結局だめで、はるばるやってきたのに準備不足で見事な無駄足となりました。

Re: 波乱の仙台行

  • kite
  • 2020/02/15 (Sat) 23:34:31
仙台に宿を取っていたので気持ちを切り替え、"牛たん"に"ずんだ"とグルメを楽しみました。

仙台市内もバスに乗ってうろうろしてみましたが、戦災や地震もあって、鍾馗さんの棲息していそうな町並みはほとんどない印象です。

Re: 波乱の仙台行

  • kite
  • 2020/02/15 (Sat) 23:45:09
翌日、帰りの飛行機の時間待ちで仙台駅前の書店の郷土書コーナーで立ち読みをしていたら、こんな写真を発見しました。

Re: 波乱の仙台行

  • kite
  • 2020/02/15 (Sat) 23:48:43
こちらは見開きの解説ページ。
なんと地元で鍾馗さんを作っていたとの情報も。

上記の振られた鍾馗さんは他所の土地から移ってきたものではないかと勝手に想像していましたが、仙台でも鍾馗さんが作られていたとは!

「写真帖 追憶の仙台―消える街、変わる暮らし」

https://www.amazon.co.jp/dp/product/4895445798/ref=as_li_tf_tl?camp=247&creative=1211&creativeASIN=4895445798&ie=UTF8&linkCode=as2&tag=bookmeter_book_middle_detail_sp_login-22

Re: 波乱の仙台行

  • kite
  • 2020/02/15 (Sat) 23:54:12
書店からこの町まではさほど遠くなさそうですが、空港行の電車の発車まであと30分足らず。
泣く泣く空港に向かいました。

空港についてからストリートビューで付近を探索してみると

いました!!

https://goo.gl/maps/aoKPxPvJ1spM5unT7

建物はなくなりましたが、鍾馗さんは塀に移されたようです。

Re: 波乱の仙台行

  • kite
  • 2020/02/15 (Sat) 23:59:04
さらに気になる画像も。

https://goo.gl/maps/wfAy8z2sAkTHrLsB9

こちらは同じ場所の少し前のストリートビュー。
最新ではなくなっている蔵の上にいるのは何でしょうか?


今回、鍾馗さんを目にすることはないまま、
またおいでと言われているようで、後ろ髪を引かれるような気分で帰途につきました。

今度は事前準備をして行かねば。

Re: 波乱の仙台行

  • まさみ
  • 2020/02/16 (Sun) 22:41:45
Kiteさん、こんばんは。

失礼ですが、大変面白いお話で小説を読んでいるようでした。

例の仙台の鍾馗さん、立派な民家でとてもそのような状況になるようには思えませんでしたね。

しかし、そこからが転んでもただでは起きないKiteさんらしいところで、しっかりと別の鍾馗さんを見つけておられるのはさすがです。
あの鍾馗さんはどこかで見たような気がしますが、思い出せません。
もう一つ、もうなくなっているらしいのですが謎の三体も気になります。

まさに波乱の仙台行きでしたね。

Re: 波乱の仙台行

  • kite
  • 2020/02/17 (Mon) 21:15:17
写真の鍾馗さんが目に止まったのはまったくの偶然で、これがなかったらここでの報告も恥ずかしい失敗探訪でした…
次に繋がったので良しとします。

Re: 波乱の仙台行

  • まさみ
  • 2020/02/19 (Wed) 22:22:48
Kiteさん、こんばんは。

駅前の書店で偶然鍾馗さんの写真を見つけられたのは、偶然ではなくやはり鍾馗が呼んだのだと思います。
わざわざ仙台まで行かれたので、気を使ってくれたのでしょう。

そんなアホな、と思われるでしょうが、僕は何度も経験しました。
鍾馗に呼ばれるようになると、お友達になったということになります。

謹賀新年

  • かめりん
  • 2020/01/01 (Wed) 08:35:32
鍾馗友の皆様へ

新年 明けましておめでとうございます。

旧年中は、鍾馗友の皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

今年も、鍾馗さんとのご縁がますます深まりますように。

鍾馗友の皆様のご家族に、和やかで幸福な年でありますように。

本年も、よろしくお願い申し上げます。
                       2020年 正月 かめりん拝
       

  

Re: 謹賀新年

  • まさみ
  • 2020/01/01 (Wed) 22:11:11
かめりんさん、そして皆様、新年おめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

小沢さん、新年早々嬉しいお便り有難うございました。
櫟本の仲良し鍾馗さんはもうあきらめておりましたが、元気な姿をふたたび見ることができて感激です。

また見に行かれたのは、いつもながら脱帽です!

麦積山石窟

  • まさみ
  • 2019/12/02 (Mon) 22:06:01
今日の昼にユーチューブで「麦積山」を出してみたら、20年くらい前のものから1週間前までの映像がずらずらと出てきてビックリしました。
結構有名だったのですね。
こんなんあったかなあ?というものもありましたが、どうも恐ろしくて下ばかり見ていて見逃したようです。
ご覧になっておられない方は、是非ご覧ください。

Re: 麦積山石窟

  • かめりん
  • 2019/12/04 (Wed) 21:40:22
動画、見ましたよ!
全体像を見ると、改めて凄い。
それに。西安からの高速鉄道・・・便利になったのですねえ〜

ところで。
少彦名神社の神農祭で、薬品関係の資料が特別公開されていて、
コレラ避けの鍾馗絵札が、展示されていました。(写真が撮れず、残念)
・・・中国由来の鍾馗さんが、どうしてこんなにも日本人に愛されたのかな?
今更ながら、思います。

もう師走12月・・・鍾活収めはどこにしようかしらん〜と思案中。

西安 行

  • まさみ
  • 2019/11/23 (Sat) 17:32:06
11月14日~18日まで西安に行ってきました。
関空~西安直行便ができたのでほぼ4時間で行けます。
今回は秦の兵馬俑と麦積山石窟、陝西省博物館がお目当てでしたが、日程がタイトで一日一か所というハードな旅になりました。

兵馬俑は素晴らしいものでしたが、すでに広大なテーマパークのようになっており、写真でもお馴染みなので麦積山石窟の写真を見てください。
麦積山は西安から蘭州行の高速鉄道に乗って1時間ばかりで「天水」に着き、そこからタクシーでさらに1時間ほどの所にあり、麦を積んだような形の山の壁面に無数の石窟が並んでいます。
大仏の足もとに人がいますが、高さは17~8mあるそうです。
これは西壁で、東壁にも三体の大仏がいてその間を恐怖の桟道がつないでいます。

今は素朴な村ですが、世界遺産になったので観光道路や巨大な観光センターを急ピッチで作っています。
行かれるのならお早くどうぞ!

Re: 西安 行

  • kite
  • 2019/11/29 (Fri) 00:46:17
麦積山石窟というのは知りませんでしたが、大仏の周囲の小さな石窟もひとつひとつが寺院になっているのですか?

今は回廊がついて扉もついているみたいですが、これらは後付けですよね。
作る人もお参りする人も、その情熱には敬服します。

インドにいた時アジャンタに行くことを検討しましたが、
ツアーで行かない限りとっても大変な行程になりそうなので
やめてしまいましたが、言っておけば良かったと後悔しています。

Re: 西安 行

  • かめりん
  • 2019/11/29 (Fri) 22:19:20
まさみさん、こんにちは! そしてお帰りなさい。

雲岡・敦煌石窟は行きましたが、麦積山!? 初めて知りました。
中国、今更ながら広いですねえ〜
ところで。
まさみさん、西壁・東壁、この桟道を渡られたのですか? 

私は、敦煌・兵馬俑など、まだ整備されていなかった長閑な時代から、
金銭唯一至上万歳主義の現在まで見ていているのですが、
麦積山も、すでに銭ゲバ感がアリアリですね。早く行かなくっちゃ!

陜西省博物館では、感動号泣した覚えが〜〜
それは博物館の陳列品の凄さも、当然あるのですが、
博物館にたどり着くまでの道中が大変で・・・
それが今や西安まで直行便でひとっ飛びとは。 

kiteさん、こんにちは!

インドへ行きたい!と思って始めたバックパッカー旅が、
なぜか未だに上海で止まってしまい(笑)
インドはいつでも永遠の憧れです。



Re: 西安 行

  • まさみ
  • 2019/11/29 (Fri) 22:59:19
Kiteさん、こんばんは。

僕も麦積山石窟は知らなかったのですが、以前にテレビでやっていたのを見て仰天し、娘一家に頼んで一緒に連れて行ってもらいました。

麦積山は敦煌と同じ北魏や隋の時代に作られた石窟寺院ですが、敦煌ほどの規模ではなく、また行きにくい場所だったのか知る人ぞ知る所だったようです。
石窟は急な岸壁の上にあり、以前に架けられていた木の桟道も腐って登れなかったようで、ここ7~80年前からやっと本格的な調査、研究が始まったそうです。

回廊も今はコンクリートと鉄でできていて、ある程度は安心ですが、横は目もくらむような崖なので手すりにしがみついて登りました。
石窟は半畳ほどの小さなものから20畳くらいの大きなものまであり、中に仏像と壁画があります。
たいていの窟は簡単な木の扉があり、金網がはってありますが、
敦煌と同じくよい仏像のある大きな窟は有料で、学芸員と警備員がついてきて鍵を開けてくれました。

今回は二つの世界遺産に行ったので流石にくたびれました。
特に麦積山の断崖で寒風にさらされたのが悪く、いまだに風邪が治りません。
また機会があれば写真をご覧に入れたいと思っております。




Re: 西安 行

  • まさみ
  • 2019/11/29 (Fri) 23:24:06
かめりんさん、こんばんは。

この写真の右手の方にも同じくらいの桟道と大仏があり、下から見上げた時にはよめさんと「これは無理だから行けるところまで行って引き返そう」と言っていたのですが、案内を頼んだ学芸員の人が一方通行なので戻れませんよと言うので覚悟を決めました。
登るより下を見ながら下りるのが恐ろしく、よめさんは後ろ向きに下りていました。

陝西省博物館はちょうど新しく壁画館ができたところで、僕の「私は瓦鍾馗」に載せた李寿の墓の壁画の本物を見ることができ、感激しました。

Re: 西安 行

  • かめりん
  • 2019/11/30 (Sat) 17:28:55
まさみさん、
これを登られたとは凄い! それに降りる方がより怖いだろうなあ〜と想像できます。
それにしても、こんな断崖に仏を彫る・・・
その信仰の力というのは、計り知れないものがありますね。
でも。
麦積山はすでに敦煌化して、優良窟は有料なんですねえ〜

今、NHK80年代の<シルクロード>が再放送されていて、
今日は、ちょうど兵馬俑を紹介していました。
あの時の中国人は素朴やった・・・と当時と現在を比べて苦笑。

風邪をひかれたそうですが、この弾丸行程ではお疲れが出たのでは〜
早く治りますように。


不謹慎とは思いつつ・・・。

  • まさみ
  • 2019/10/18 (Fri) 21:48:52
台風19号の目を疑うような映像を連日テレビで見ておりますが、このような時に不謹慎とは思いつつ、民家の屋根が映るとつい反射的に瓦鍾馗を探すという因果な習慣の結果、先日茨城県常陸太田市の久慈川流域で被災された民家の大屋根に、かなり大きな瓦鍾馗があがっているのを見つけました。
埼玉県にはたくさん瓦鍾馗があるので、茨城県にあっても不思議ではないのですが、Kiteさんやおとんさんのブログをみても茨城県のものは出ていないのでちょっと書いてみました。
ただ、遠くて一瞬だったので鍾馗の形はわからず、恵比寿、大黒の恐れもありますが、棟に一体あがっている感じからしておそらく瓦鍾馗だと確信しております。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • kite
  • 2019/10/21 (Mon) 15:25:24
まさみさん、本当に不謹慎ですねー
でも、わたしも同じことを絶対します。

茨城県の鍾馗さん情報は聞いたことがありません。
上記をヒントにストリートビューで探してみます

もう少しヒントをください
久慈川流域というのは本当の川沿いか、
川沿いを含む地域かどちらでしょう?

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • まさみ
  • 2019/10/22 (Tue) 12:23:58
Kiteさん。
NHKテレビで10秒ほど出た地図なのでうろ覚えですが、赤丸のあたりだと思います。
アナウンサーが被災者のかたにインタビューしていましたが、家は広い敷地に2軒建っていて前の家は黄色い色の四角い作りの店になっており、入口の上の壁に「やきにく」と書いてあったような気がします。
鍾馗さんは左奥の母屋の大屋根にもう一つ煙り出しのような小さな屋根があり、その屋根の棟にあがっています。
店があるのでおそらく道路に面しているはずですので、見つかるかもしれませんね。
ただ、塀や樹木が流されている可能性大ですので、その点はご留意ください。
期待しております。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • kite
  • 2019/10/22 (Tue) 23:04:33
まさみさん 詳しい情報ありがとうございます。
一時間ほどがんばってみましたが、まだみつかりません。

かなり広い範囲が対象になるので、気長にやってみますが
田舎でストリートビューが行きわたっていないので
見つかる可能性はあまり高くなさそうです。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • まさみ
  • 2019/10/24 (Thu) 10:57:40
Kiteさん。

あの場所に1体あったということは、その地域の周辺にもあるはずなので、あの鍾馗にこだわらないでめげずにやってみてください。

僕はストリートビューのやり方を知りませんので、どなたかできる方は是非ご参加ください。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • kite
  • 2019/10/25 (Fri) 23:41:06
発見しました!!

https://goo.gl/maps/BDHvWkcnmeJmPYw39

シルエットからみて、鍾馗さんだと思います。

結構大変でした。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • まさみ
  • 2019/10/25 (Fri) 23:58:40
Kiteさん、やりましたね!!!

正直見つかるとは思っていなかったので、ミラクルです。

やはり鍾馗さんでしたね、これだけ大きく映ると間違いありませんが、テレビの画面の左隅の遠くに一瞬小さくしか見えなかったので本当は自信がありませんでした。
これで茨城県にも鍾馗さんがあるのがわかりましたね。

有難うございました。

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • 雪だるま
  • 2019/10/26 (Sat) 23:04:31

凄い!

鍾馗さんに導かれたと言ってしまえば
それまでですが、まさみさんの一瞬の
映像を見逃さない観察力とkiteさんの
長時間探し続ける集中力には敬服します。

不謹慎かもしれませんが、
驚きの発見ですね!

Re: 不謹慎とは思いつつ・・・。

  • かめりん
  • 2019/10/27 (Sun) 08:30:34
まさみさん、kiteさん、雪だるまさん
こんにちは!

お二人には私も感嘆。まさに鍾馗さんのお導きですね。

それにしても。
茨城にも鍾馗さんがあることの驚きと喜び。
埼玉はあるので、そうすると栃木・群馬もありそうですね。

ただ、今回の水害や今後増えるであろう災害で、瓦屋根のお家はますます減少するだろうし
今こそが、最後の鍾活の機会やなあ〜とも思います。