(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

鍾馗ツアー

  • かめりん
  • 2019/05/17 (Fri) 07:44:28
みなさまへ

鍾馗ツアーのスレッド、解りやすいように立ち上げました。

愛知・・・そうですよね、大阪から新幹線で1時間ですものね。
行きたい!!で〜〜す。

みなさまは、いかがでしょうか〜〜

Re: 鍾馗ツアー

  • まさみ
  • 2019/05/17 (Fri) 22:14:24
皆さん、こんばんは。

Kiteさんの地元愛知県もいいですね。

ただ私は新しいカメラを買ったばかりなので、家庭争議に発展する恐れがあります。
できれば兵庫県あたりがよいのですが・・・。

Re: 鍾馗ツアー

  • kite
  • 2019/05/18 (Sat) 00:12:56
まさみさん、兵庫でも姫路あたりだと名古屋より遠いですよ。
(新快速に乗れば一本で着くという楽さはありますが)

愛知県の鍾馗さんは遠くの大棟に多いので新しいカメラも活躍します!

Re: 鍾馗ツアー

  • 雪だるま
  • 2019/05/21 (Tue) 23:05:08

皆さん、ご無沙汰しています。

鍾馗ツアーには行きたいですね〜
でも、6月の中頃に右眼の白内障の
手術を受ける予定です。
なので、7月頃までは遠出は控えます。

その後に鍾馗ツアーと都合が合えば
また参加させて頂きます。

マグマ大使君

  • かめりん
  • 2019/05/11 (Sat) 08:07:47
橿原市・地黄にて。

年末以来、半年ぶりの画像up。

鍾活はボチボチしてるのですが、新発見はなく><*

やっと見つけたのがコレ。
でも、同じような型はありましたよね〜〜

Re: マグマ大使君

  • かめりん
  • 2019/05/11 (Sat) 08:18:58
彼とは以前に会っているのですが、
場所を忘れてしまい、今回は確実にわかりました。
・・・橿原市・曽我町。

その瞳が印象的で、活力がもらえるような鍾馗さんなので、
マグマ大使君と勝手に命名。

ただ、撮る時にまたまた不審者に見られて・・・
というか不審者やけど・笑。

さて。5・6月は鍾活日和。
7月になると猛暑になるので、そろそろ鍾馗ツアー如何でしょうか?

Re: マグマ大使君

  • kite
  • 2019/05/13 (Mon) 00:13:36
かめりんさん こんばんは。

マグマ大使君は一目見たら忘れられなくて、そのうち会いに行きたい鍾馗さんです。今度行くときは場所を教えてくださいね。

上の鍾馗さんは博物館で#990に分類しています。
http://www.ne.jp/asahi/yuhi/kite/shoki/Representative/html/990_f.htm

吉野町で兄弟が何体も見つかっていますが、それ以外では
この地黄町の鍾馗さんしか見たことがありません。

せっかくの鍾活日和が続く中、なかなか出かけられないのが
歯がゆいですが、ツアー行きたいですね。
かめりんさん、どちら方面がいいですか?

Re: マグマ大使君

  • かめりん
  • 2019/05/13 (Mon) 22:44:42
kiteさん、こんにちは!

地黄・・・って古い町なのに、しかもほぼ隣町が今井町なので、
鍾馗さんが無いのはなんでや〜〜と嘆きたくもなり・・・
地黄・唯一の鍾馗さん、吉野に多いのですね。

マグマ大使君は私の1番のお気に入り。ただ頭部が軒の影になってしまうのが残念。

ツアーに行けるなら、どこでも大歓迎!
まさみさんは、どの方面が良いでしょうか?

Re: マグマ大使君

  • まさみ
  • 2019/05/15 (Wed) 12:25:58
マグマ大使君、とびきりの手作り感がいいですね。
前の白いのは何でしょう?

右の鼻がつまるので耳鼻科にいったところ、鼻茸というのができていて穴がふさがっているそうです。
歳が行くといろんなものが生えてきますねえ。

ツアー、楽しみですが僕はあまりあちこち行っていないのでまったく思い当りません。
やはりKiteさんか、かめりんさんにおまかせいたしましょう。

Re: マグマ大使君

  • かめりん
  • 2019/05/16 (Thu) 09:11:43
こんにちは!

白いのは軒です。
これがあるために、柵より乗り出して撮ろうとして、
通りががりの人に、大変怪しまれた訳です・笑

鼻茸・・・息が苦しくありませんか? 手の方は完全に治癒されたのでしょうか?
くれぐれもご自愛くださいね〜〜

ツアー候補場所ですが、
兵庫県=北条・龍野方面、三重・四日市方面、大阪・泉佐野方面
前前回伊賀の残り方面などなど。
愛知県も候補地ですが、日帰りではちょっと辛いかな・・・と思ったりして〜〜






Re: マグマ大使君

  • kite
  • 2019/05/16 (Thu) 23:55:49
愛知県も新幹線でこれば1時間ですよ(お財布は痛いですが)

北条・龍野方面では間に太子町という見どころもありますが、
かめりんさんは行かれたことがあったような・・
北条+網干~太子~龍野と回ればたっぷり一日楽しめますね。
ただ、こちらの方はやはり三河屋さんのご案内で回りたい気もします。

四日市、泉佐野(貝塚、岸和田など含め)いずれも山の中に点々といる鍾馗さんを訪ね回るのもいいし。

皆さま、ご足労に感じなければ一度ぜひ地元愛知をご案内したいのですがいかがでしょう?

無題

  • まさみ
  • 2019/05/12 (Sun) 22:02:50
25年ばかり前に、京都西洞院仏光寺下がる菅大臣天満宮の中の木田安彦氏の家の屋根にあがっていた箱入り鍾馗を撮りましたが、この木田氏製作の鍾馗さんが最近見えなくなったので、おそらく家の中に置かれているのではと思っていたところ、池田先生のご紹介で昨日木田氏の奥様が家に来られるときに、中を見せてもらえることになり行ってきました。
ご覧のとおり鍾馗さんは健在でした。

木田氏は亡くなられたのですが、蒐集された膨大な古美術品をそのうちに公開したいとおっしゃっておられたので、楽しみにしておいてください。

Re: 無題

  • kite
  • 2019/05/12 (Sun) 23:45:18
まさみさん こんばんは。

「鍾馗さんを探せ!」出版の際に、この鍾馗さんも当然掲載候補として淡交社の岩城さんが木田さんに許可をお願いしたのですが、どうしても許可がいただけなくて断念した思い出があります。

また、公開される日を気長に待ちましょう!

Re: 無題

  • まさみ
  • 2019/05/13 (Mon) 22:33:38
Kiteさん、こんばんは。

「鍾馗さんを探せ!」の時に、木田さんに掲載を断られたというのは初めてお聞きしました。
なるほど木田さんならさもあらんという感じですね。
僕は無許可で掲載しましたが、ことわりに行かなくて正解でした。

名張市に2つ

  • 今西です
  • E-mail
  • 2019/05/09 (Thu) 13:34:20
名張市に無いと思っていましたが、2つ見つけました。
蔵持町里と下小波田です。

Re: 名張市に2つ

  • まさみ
  • 2019/05/10 (Fri) 17:32:52
今西さん、投稿ありがとうございます。

Kiteさんの「鍾馗博物館」に出ているかもしれませんね。
一度調べてみてください。

Re: 名張市に2つ

  • かめりん
  • 2019/05/10 (Fri) 20:26:05
今西さん、こんにちは!

先日、名張市内を探索したばかりでした。
大西さんのおっしゃる通り、
名張に鍾馗さんは無い・・・と今までの鍾活でわかっていたものの、
敢えて再び挑戦したのですが、
一体も見つけられず、がっかりしていたところでした。
でも、探せばやはりあるのですねえ〜〜
ありがとうございました。

Re: 名張市に2つ

  • kite
  • 2019/05/13 (Mon) 00:05:46
今西さん、こんばんは。

確かに名張市内は少ないですね。
どちらの町でも私もこれまで鍾馗さんを発見したことはないので、おそらくこの掲示板をご覧になっている方たちでも知らない鍾馗さんではないでしょうか。

写真の鍾馗さんは他所でも見たことがないもので、栄えある新種発見(笑)だと思います。

軒下にずいぶん下を向けてあげられているのでしょうか?

三兄弟

  • kite
  • 2019/04/30 (Tue) 20:53:42
皆さまこんばんは。
平成もいよいよあと数時間で終わりです。

かわらミュージアムの続きですが、だいぶ間が空いてしまったので新スレを立てます。

少し前にかめりんさんが「茶封筒」で
ミュージアムの工房で製作中の鍾馗さんを紹介されていました。

http://fansoon.jugem.jp/?eid=920

ブログ内の写真を無断拝借して掲載します。
かめりんさん、すみません(_○_)

作者はプロではなく独学で製作に取り組んでおられるとのこと。

Re: 三兄弟

  • kite
  • 2019/04/30 (Tue) 20:57:44
前田前館長のお話しでは、作者は館長の実弟さんだそうですが
瓦製作の経験はなく、独学でやっておられるとのこと。

そして工房内では三男が製作中でした。

かめりんさん撮影の次男坊は既に注文主のところへお婿入りしたそうです。

Re: 三兄弟

  • kite
  • 2019/04/30 (Tue) 20:58:46
こちらが長男。
現在はかわらミュージアム工房の屋根にいます。

Re: 三兄弟

  • kite
  • 2019/04/30 (Tue) 21:00:19
長男は以前にはミュージアムの近所の家にあがっていて、
いつの頃かお引越ししました。

こちらは2006年の撮影です。

Re: 三兄弟

  • かめりん
  • 2019/05/02 (Thu) 11:58:30
kiteさん、こんにちは!

3兄弟のご報告、ありがとうございます。

次男が無事に婿入りを成し遂げ、
嬉しいけれど寂しいような・・・すると三男が新たに誕生して嬉しい!
しかも3兄弟の製作は、館長さんの実弟さんだとか。
繋がっていることが、更に嬉しいです。

令和元年初の鍾活、どのあたりにしようか目下検討中で〜〜す

文政二年!

  • kite
  • 2019/04/13 (Sat) 23:10:10
まさみさんに誘っていただき、現在洛中の鍾馗さんを追求しておられる池田先生と三人で、近江八幡のかわらミュージアムを訪問しました。

まさみさんの知り合いのミュージアム前館長の前田さんに案内いただき、ミュージアムの収蔵庫を見せていただきました。
鍾馗さんをはじめとする『八幡系』の逸品がたくさんあって、大興奮でした。
詳細はおいおいお知らせしますが、まずはハイライトの鍾馗さんから。

Re: 文政二年!

  • kite
  • 2019/04/13 (Sat) 23:16:15
笠をかぶった古式の鍾馗さんですが、銘を見てびっくり。

文政二己卯(つちのとう)歳

文政二年は1819年。
私の知る最古の瓦鍾馗は皆さまもよくご存じの、
かわらミュージアム収蔵の巨大な二体の鍾馗さんで
製作年は文政十一年です。
http://kite5656.asablo.jp/blog/2010/09/08/5338720

レコード更新です!

Re: 文政二年!

  • kite
  • 2019/04/13 (Sat) 23:19:40
別の面の銘

卯歳六月吉日 八幡山多賀村

多賀村はかわらミュージアムのあたりで寺本仁兵衛が窯を構えていたところ。

Re: 文政二年!

  • kite
  • 2019/04/13 (Sat) 23:21:54
にこにこの前田前館長。
瓦屋さん出身でとても詳しく、熱く語っていただきました。

Re: 文政二年!

  • kite
  • 2019/04/13 (Sat) 23:26:01
失礼して銘をアップで。

瓦屋仁兵衛 兼武

兼武は寺本仁兵衛五代目だそうです。

八幡系の本家本元の作者ですが、この鍾馗さんはのちの八幡系の特徴は備えておらず、この後で作風を確立していったのでしょうか?

九年後の巨大鍾馗さんでは頂点に達しています。

Re: 文政二年!

  • kite
  • 2019/04/13 (Sat) 23:28:54
通常の展示室に、相棒?と思しき鍾馗さんも展示されていました。

こちらは展示中で銘は確認できていません。

kiteかなり興奮気味でピンボケ写真が多いこと、ご容赦ください。

まさみさん、補足と訂正をお願いします。

Re: 文政二年!

  • まさみ
  • 2019/04/14 (Sun) 17:10:12
Kiteさん、昨日はお疲れ様でした。

桜満開の上天気で楽しかったですね。

僕はファインダーのない軽いコンデジを持って行ったので、室内では全部ピンボケでした。

あの狭い収蔵庫でこれだけの写真が撮れるのはさすがです。
おまけにちゃんと前田氏の顔も撮っておられるとは・・・。

1階,2階とすごい量の飾り瓦で、1日ゆっくり籠っていられたらなあ、と思いました。

この文政二年銘の笠帽鍾馗は展示室のもう一体とあわせて、どちらも稚拙な作りで、とても寺本仁兵衛兼武と名前を入れるようなものではありませんね。
不思議です。

Re: 文政二年!

  • かめりん
  • 2019/04/16 (Tue) 08:49:19
まさみさん、kiteさん、こんにちは!

収蔵庫の見学! ステキ!! 私も行きたかった・・・

文政2年=1819年。'23年には勝海舟が誕生しているのですね。
そして、'19年には北近江を震源とするM7.7<文政の大地震>が発生したとか。
瓦制作はその地震の前後だと思うと、感慨深いものがあります。
それにしても。前田前館長はステキな方ですよね。

良い気候になってきました。
そろそろ鍾活ツアー・・・いががでしょうか・・・?



Re: 文政二年!

  • まさみ
  • 2019/04/16 (Tue) 22:46:08
かめりんさん、こんばんは。

前田前館長は本当に良いかたで、重い瓦鍾馗を出したり入れたり2時間ちかく相手をしてくださいました。

池田先生撮影の写真をご覧ください。

Re: 文政二年!

  • かめりん
  • 2019/04/17 (Wed) 21:03:23
まさみさん、こんばんは!

追加写真、ありがとうございます。

2時間も収蔵庫の見学!
前田館長や池田先生とともに、至福のときを過ごされたのですね。

この鍾馗の傘は、傘いうより盾に見えます。
作者も盾として作ったのではないかしらん〜〜

今更ながら、八幡系はほんま凄いですね。

池田先生の資料

  • りんりん
  • 2019/04/12 (Fri) 21:07:57
みなさまこんにちは。先日丸太町でスーツケース鍾馗さんを発見しました。浅田さんのアレンジ鍾馗さんのようですね。

さて、本日刊行された関西大学社会学部紀要に池田進先生の論考「京都市中心域に見出される小鍾馗全探索―調査」が掲載されているようです。写真付きだとか。

もう数日しましたら、私の手元に資料が届くので、ご入用でしたらお送りいたしますのでおしらせ下さいませ。

Re: 池田先生の資料

  • kite
  • 2019/04/12 (Fri) 22:58:05
りんりんさん、こんばんは。

あらら偶然ですね。
明日、まさみさんのご紹介で池田先生にお会いして、近江八幡のかわらミュージアムに行くことになっています。
私は初対面です。

資料が余分に入手できるのでしたら、急ぎませんのでぜひお頒けください。

Re: 池田先生の資料

  • kite
  • 2019/04/13 (Sat) 22:36:00
りんりんさん、こんばんは。

今日、池田先生にお会いして紀要をいただきましたので私の分の入手は不要です。
まだ未読ですが力の入った内容ですのでお楽しみに!

Re: 池田先生の資料

  • りんりん
  • 2019/04/15 (Mon) 11:52:22
kiteさん、偶然でしたね。もうしばらくするとネット上でも見られるようにはなると思います。

鍾馗さんのお引越し

  • kite
  • 2019/03/31 (Sun) 22:40:53
鍾馗ツアーに参加するついでに、久しぶりに京都市内の”しらみつぶし”調査してきました。

今回の調査範囲は二条駅を起点に南北は御池通と四条通の間、
東は神泉苑通、西は御前通の間です。
河原町や東山の喧騒とは無縁の地味~なエリア。

Re: 鍾馗さんのお引越し

  • kite
  • 2019/03/31 (Sun) 22:43:22
途中、壬生森町で見つけたのがこの鍾馗さん。

Re: 鍾馗さんのお引越し

  • kite
  • 2019/03/31 (Sun) 22:45:43
すぐにぴんときた方もいると思いますが、
祇園花見小路におられる鍾馗さんにそっくりです。

というとKiteもすぐにわかったようですが、
思い出すのにとても苦労しました。

こちらは2013年6月撮影

Re: 鍾馗さんのお引越し

  • kite
  • 2019/03/31 (Sun) 22:48:20
型物とは思えないので、兄弟がいたことに非常に不思議な思いを持ちつつ、ツアーに参加したまさみさんやりんりんさんに見ていただいたところ、どうみても同じ鍾馗さんとのこと。

ということは花見小路からはいなくなっている?

Re: 鍾馗さんのお引越し

  • kite
  • 2019/03/31 (Sun) 22:58:58
さっそくストリートビューで履歴を見てみました。

花見小路
2013年9月(います)
https://goo.gl/maps/MJZayCQ69Bz
2015年4月(改装で鍾馗さん消失)
https://goo.gl/maps/cuzzgi7ZQGR2

壬生森町
2013年10月(まだいません)
https://goo.gl/maps/dfCPr4SjWEm
2015年4月(まだいないようです)
https://goo.gl/maps/6vzMHKHh2DM2
2016年8月(やってきました!)
https://goo.gl/maps/5TdTRHF5JZC2

花見小路のスターから、ドサ回りに身をやつしたようでもありますが、元気でよかった。

Re: 鍾馗さんのお引越し

  • かめりん
  • 2019/04/03 (Wed) 21:02:35
kiteさん、こんばんは!

京都東山鍾馗ツアーはいかがでした?
りんりんさんも、お元気なようですね。

花見小路の鍾馗さん、
引っ越ししながらも、生き残っていたのですね。良かった!!
消えゆく鍾馗さんが多い中で、
生命力の強い鍾馗さんに出会うと本当に安堵し、
この鍾馗さんが、希望の光で眩く見えます。

桜も咲いているのに、
私は野暮用に押されて鍾活できず、焦ってます〜〜

Re: 鍾馗さんのお引越し

  • まさみ
  • 2019/04/07 (Sun) 16:53:43
Kiteさん、こんにちは。

さっそく5日に壬生森町に行ってきました。
あいにくのピーカンで撮影条件は悪かったのですが、「私は瓦鍾馗」40ページの花見小路の鍾馗さんと同じものだと確認しました。
先日のかめりんさんの「嵯峨野の鍾馗さん」、雪だるまさんの「瓦宇の鍾馗さん」もそうですが、やはり「鍾馗が呼ぶ」ということはありますね。

家の人が出てこられないかと20分くらいねばりましたが、だめでした。
どうしてお引越しされたのか、知りたいですね。

鍾馗ツアーのご案内

  • みずきち
  • E-mail
  • 2019/03/25 (Mon) 10:47:24
ご無沙汰しております。みずきちです。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

ここ暫く、鍾馗ロード実行委員会としてなかなか活動ができていなかったですが、現在少しずつフィールドワークの調査を行っています。

昨年度と同じように京都市東山区を歩いていますが、やはりこの1年で増えたり減ったりしていますね。
同じ道を歩いても、変化があるというのはまち歩きの面白さでもあるのかなと個人的に思いながら調査しています。


前置きが長くなりましたが、鍾馗ロード実行委員会が京都市東山区の鍾馗さん調査の結果報告を、今週30日(土)に行う事になりまして、それに関連した鍾馗ツアーを開催します。

ご案内が直前になってしまい申し訳ございませんが、
もしお時間がございましたら是非お越しください。

ツアーの内容は、白地図に鍾馗さんのマッピングをしたり、歩いた道をたどって記入していただいてオリジナルの地図を作っていただくというワークショップ形式となっております。

ご予約する際は、以下のURLからGoogleフォームにてご記入をお願いします。
https://docs.google.com/…/1FAIpQLSeYWR-LXMLhw3qAPK…/viewform


ご不明な点がございましたら、鍾馗ロード実行委員会のメールにてご連絡下さい。
宜しくお願い致します。

Re: 鍾馗ツアーのご案内

  • みずきち
  • E-mail
  • 2019/03/25 (Mon) 10:54:47
こちらはフライヤーの裏面となります。

ご予約ですが、上記のGoogleフォームから入れない事が判明したので、
お手数ですがフライヤーに記載しているQRコードを読み取っていただくか、こちらのアドレスからご連絡をお願い致します。
shokiroad@gmail.com

Re: 鍾馗ツアーのご案内

  • kite
  • 2019/03/28 (Thu) 00:05:48
みずきちさん、お久しぶりです!

鍾馗ツアー久しぶりですね。
今回も参加させていただきます。
QRがうまく読めなかったので、メールにて申し込みました。


桜の時期と重なって、愛知県からの行き帰りの混雑が思いやられますが、がんばって駆けつけます!

Re: 鍾馗ツアーのご案内

  • かめりん
  • 2019/03/28 (Thu) 10:58:25
みずきちさん、こんにちは!

鍾馗ツアー情報、 ありがとうございます。

今回はすでに予定があり、残念ながら参加できませんが、
今後も、
鍾馗ツアーのますますのご発展と、ご盛況をお祈りしております。

Re: 鍾馗ツアーのご案内

  • まさみ
  • 2019/03/28 (Thu) 22:42:45
Kiteさん、今晩は。

僕も申し込みましたので、久しぶりに会場でお会いいたしましょう。

Re: 鍾馗ツアーのご案内

  • kite
  • 2019/03/31 (Sun) 22:25:45
参加してきました。

みずきちさん、いつも準備ご苦労様です。
街歩き中は雨も小降りで、やれやれでしたね。

ワークショップ中も年寄りふたりで関係ない話題に盛り上がってしまい、ご迷惑をおかけしたのではと、後になって心配になりました。

また次の機会にも参加させていただきたいと思いますので
これに懲りずにお誘いください!

紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:03:46
きょう14日、蛸地蔵から泉佐野まで紀州街道を歩いてきました。
蛸地蔵の駅から歩き始めてすぐのところで、水間観音の近くで見つけていた鍾馗さん(#603)と同じ鍾馗さんを見つけました。

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:04:53
kiteさんが以前見つけておられる#506と#507は健在でしたが、#507の反対側(東側)にこんなのがいました。

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:06:04
本日のハイライト(1)

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:07:10
本日のハイライト(2)

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • おとん
  • 2019/03/14 (Thu) 22:18:16
onigawaraさんお薦めの甘納豆屋さんに寄って鍾馗さんの撮影許可をいただいたところ、「きのうも同じような方が来られました」……。

3枚目、4枚目は紀州街道沿いにいましたが、甘納豆屋さんのすぐ近くです。一昨日、ストリートビューで確認していました。

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • まさみ
  • 2019/03/14 (Thu) 22:27:15
待ってました!

いよいよおとんさんの登場ですね。

「本日のハイライト」いいですね。
泉州には他とは違った独特の固有種みたいなのがあるようです。
僕も早くカメラを買って、是非行って見たいと思います。

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • onigawara
  • 2019/03/15 (Fri) 10:07:26
>おとんさん
歩いてこられたんですね。
甘納豆屋さんに立ち寄った時に「鍾馗さんを見に来る人が来るかも・・・」とちょっと予告してしまいました

ハイライト(1):個性的ですね。捕まえられてる子鬼がちょっと小鍾馗的な形。

ハイライト(2):下唇を噛んだ口が牙の無い不動明王のようですね。

私もこの周辺の街道沿いだけちょっと撮りました。車から降りずにパパッと

Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • かめりん
  • 2019/03/15 (Fri) 21:02:41
おとんさん、こんにちは!

早速、鍾活されてきたのですね。
有言実行!で、さすがおとんさんですね〜〜

507の反対側の鍾馗さんには、会ったことがあるのですが、
ハイライト1と2は初見です。
一方は小鬼を抱き、一方は小鬼を踏んずけている。
久々に、小鬼付きの鍾馗さんを見て、微笑ましくなりました。

まさみさんの仰る通り、泉州鍾馗は独特ですよね。
言葉・文化も私の住む摂津・河内とは異なるし、
紀州の文化圏、onigawaraさんに近いように思います。

それにしても。
そのお店の甘納豆、是が非でも食べへんと!


Re: 紀州街道(蛸地蔵~泉佐野)

  • kite
  • 2019/03/15 (Fri) 23:03:02
おとんさん!!
待つてました。
やつぱりおとんさんが登場されると
盛り上がりが違います。

そろそろ春ツアーの話題を始めたいですね
まさみさんも新カメラの調達とリハビリをお急ぎを!!